悩むより訊け!ロースおじさんの悩み相談

私もアラフォーになると、人に言えない悩みも出てくるのです。

加齢臭だとか、シミだとかシワだとか、

アレやコレがどうこうと、いろいろあるわけですよ…。

 

人に言えないと、結構苦しいんですよね。

言えない分だけ、悩みが深まってしまうというか…。

あー!言ってしまいたい!

更年期障害が心配って、言ってしまいたい!

 

…と、言ってしまったわけですが、

言ってしまうと、わりとラクになるものですよね。

今、私もラクになりました。

 

でも、個人的な悩みは、身近な人に話すのも

どうかな…って思う部分もあり、

悩んだあげく、Yahoo!知恵袋に投稿して、

「くだらねーことで悩むなよ」と笑われて、

Twitterでさらされて、炎上しちゃったりするし…。

 

Yahoo!知恵袋だけでなく、人の悩みって

「蜜の味」だったりしますしねぇ。

私だって自分の悩みなんてそっちのけで、

人の悩みで大笑いすることもありますもん…。

 

でもね、笑えることを前提にした、すごい悩み相談があるんですよ。

それが、これ!

「ロースおじさんのとんかつQ&A」!

 

TS3R0064

 

 

 

 

 

これは、「グーペ」というホームページ作成サービス会社の、

キャラクターであるロースおじさん(豚)が、

みんなの悩みに答えてくれる…というサイトなんです。

 

TS3R0033

 

 

 

 

 

ちなみに、ロースおじさんが経営するレストランで出される、

有名メニューが、この「イカホット」です☆

 

TS3R0034

 

 

 

 

 

ロースおじさんの答えは、いつも明快です。

自分をブスだと悩む女性には、

「面白いブスは最強なので、面白くなれ」とアドバイス。

 

「ナースと付き合いたい」という男性には、

「美人のナースの9割は、医者のお手つき済み」とばっさり。

 

浮気で奥さんに離婚を迫られたので、

土下座をする覚悟で奥さんを引き留めたい…という男性には、一言。

 

「無理やろ」

 

「土下座のような大技一発で事が済むなんて、大間違い」と、

正論中の正論をぶちかましています、豚なのに。

 

そう、おじさんの言うことは、正論ばかりなんです。

正論を正面切って言える人(おじさんは豚だけど)は、

なかなかいないからねー。

 

私も、この身長の高さをどうにかする方法を、

いつかおじさんに訊いてみたいな…と思いつつ、幾星霜。

人の悩み相談を、他人事としてゲラゲラ笑って読んでいました。

 

そんなロースおじさんの悩み相談が、とうとう書籍化したんです!

 

TS3R0051

 

 

 

 

 

 

 

『その悩み、豚に相談した?』

 

これまでホームページで相談を受けてきた内容を、

まとめた一冊は、本当に面白い!

悩んでいる人だけじゃなく、円満な家庭を築いている人でも、

持っておいて、いざってときに備えておいた方がいいって!

 

ちなみに、私が一番好きな悩み相談は、これ!

 

TS3R0056

 

 

 

 

 

 

 

「年上の男性と不倫しています」ってやつね。

29歳の女性が、48歳の妻子持ちの男性と

不倫のお付き合いして悩んでる、ってヤツです。

 

質問の内容が、「年上の男性ばかり好きになる、

普通の女子じゃないアタクシ」みたいなフレーバーが漂っていて、

質問を読んでいるうちに、「ケッ!」ってなったのです。

 

どうやらおじさんも、そのフレーバーに気づいたようで、

答えの初っ端からこんな感じに!

 

「ハイ中止~~~~!!!

いい女ぶって不倫関係をワンランク上の恋愛みたいな

アピールする女が出没したから

今日のQ&Aは中止~~~~~~!!!」

 

まったくだな!中止でいいよ、中止で!

私は心の中で喝采をおくったよ、おじさんに!

 

だけどね、おじさんはこんなクソ女(失礼)も見捨てない。

そのあとで、ちゃんと答えてくれています。

 

相談者の女性の、悩みのポイントは1つ。

不倫相手が奥さんと別れて、

自分と結婚したいと言ってくれている、ということ。

 

ロースおじさんは、妻子持ちの男性と、

略奪婚することの現実を、具体的な数字とともに教えてくれます。

 

男性の年収が800万円として、

別れた妻に支払う養育費は、月10万~12万くらい。

つまり、生活のレベルは、

ワンランクからツーランクは落ちてしまう。

 

男性の48歳という年齢から考えて、

あと10~20年で、介護の問題も出てくる。

 

この2つのことを「大丈夫!」と思えるほどの、

愛と経済力があるなら、

略奪婚でも何でも、好きにしてくれ!…と、

おじさんは締めくくっています。

 

TS3R0057

 

 

 

 

 

 

 

おじさん、マジだな。

そして、これが現実だよなぁ…としみじみしてしまったよ。

この相談者の女性がどう思うかはわからないけど、

おじさんの言葉は、現実をしっかりと教えてくれる

すばらしいものだよね。

 

「豚に人生を教わるなんて…」なんて思わず、

ロースおじさんの相談を読むと、すっきりとしますよ!

私もすっかり、更年期障害のことは忘れたからね!

…いや、忘れてないけど。

コメントを残す

サブコンテンツ