賃貸マンションでのボヤ!!どこまでが借主が責任なの?

スポンサーリンク

マンションで火災発生!

14
2月15日、東京・世田谷区の小田急線・経堂駅近くのマンションで火事がありました。

え?経堂!!!

私はその駅を4年間利用していたので、すぐに何事かとくいついてしまいました。

詳細はマンション火災でした。

3階部分から火があがり、火元の部屋およそ80平方メートルが焼けるという火災でした。

幸いにも、住人の男女4人が煙を吸うなどの軽いけがで済んだとの事ですが、実はよくある火災にニュースにくいついてしまった理由は他にもあるのです。

それは先週の事でした。

なんと私のマンションの前に立つマンションで火災があったのです。

しかも、その部屋の住人は私の母親同様の存在の知人!

慌てて外へ飛び出すと、その知人が呆然としていたのです。

これまた幸いなことに、火元はキッチンであり、消防が来る前に消火できたため、放水されずに済んだのです。

本人から聞いた話では、とんかつを揚げようと火をつけたものの、火をつけたのを忘れて外出してしまったのが原因でした。

外出は15分程度、家に戻ると家中が真っ暗で煙だらけだったとのことですが、同時くらいに外の換気扇から大量の煙が出ていて、それに気付いたお隣さんが消防に連絡。

そして、なんと勇敢にも鍵が空いていたので、とっさに中に入って消火してくれたのです。

消火してくれたお隣さんにも怪我はなく済んだのですが、キッチン及びリビングはすすだらけでした。

また、キッチン家具や蛍光灯カバーなどは、熱でやられてしまっていました。
もちろん、壁のクロスなども真っ黒です。

このようなことがあったため、火災というニュースに反応をしたわけですが、ちょっとした小火騒ぎでさえも、実はものすごく面倒なのです。

ですから、その経堂での火災事故も賃貸マンションだと思われますが、かなり面倒なことが待ち受けているはずです。

オーナー・仲介人・居住者でのやり取りと原状回復義務

15

今回のこの物件は分譲マンションです。

そして、私の知人は賃貸で住んでおり、オーナーとの間には仲介人として不動産会社が間に入っています。

また、知人が70歳という事もあり、娘が仕事を休めず対応できないとの事で、私が娘役となって話を聞いて対応しているのですが、保険会社に仲介の不動産会社、マンション管理会社に消防、マンションの理事会などと、対応先がまぁ多いこと…。

スポンサーリンク

更に、オーナーが90歳と高齢のため、代理で姪っ子が登場してくるのですが、これまた面倒なのです。

仲介の不動産会社いわく、オーナーの意向として、
「他の部屋も臭いが残るのは嫌だからクロスの張替えをしてほしい」
などと、知人が入居の条件で加入している保険範囲を超える要求をしてきているのです。

不動産屋を介しての話ですが、どうやらオーナー(貸主)は、次にほかの誰かが入居するときのことを考えて、全て綺麗にしてほしいと考えているようです。

つまり、それは今回の火事とは関係のない退去時における原状回復に関わる話であり、本来であれば、このような事例を何件も経験している不動産屋がオーナーに説明するべきだと思います。

そのために、借主も仲介料を支払っているわけですし、さらに言えば、退去時における原状回復のことだとしても、和室に関していえば、通常の使用に伴い生じた損耗の範囲なのです。

因みに、保険会社から委託されて来た鑑定人の人もそこまでは範囲には入りませんと…

もしそこまで求めてくるのであれば、貸主が言う原状回復とは何ですか?って言ってました。

おっしゃる通り、火災による被害がない部屋については借主が負担する必要はなく、もし火災による被害がなかった部分まで要求してくるのであれば、 貸主であるオーナーが負担するべきです。

なお、退去時における原状回復義務とは、経年変化・通常 損耗が前提です。

ですから、もし借主の故意・過失、善管注意義務違反等により生じた損耗があったとしても、借主だけがすべてを負担するわけではなく、建物や設備等の経過年数が考慮され、貸主も負担することになるのは言うまでもありません。

そんなこともあり、おいおい!そこは仲介人がきちんと仕事して、説明してくださいよ!って感じで、思わず突っ込みました。

なんだかその不動産屋の担当がいまいちよくわかっていないのか、オーナーに言われたままに伝えてくるのです。

こういったちょっとした小火は少なくないはずですし、しかもその仲介している不動産屋は大手ですから、この手の小火なら嫌なくらい経験済みだと思うのです。

大手の名に恥じないよう、上手く説明して対応してもらいたいところです。

勿論、小火を起こしたのはこちらですからその点はオーナーに対しては申し訳ないのですが、仲介人にはそんな遠慮はいりません。

早期解決のためにも、そろそろ「担当変えてください」と要望を出すしかありませんね。

これから更に保険会社との交渉や業者による下見などが待っています。

保険金がおりて普通の生活に戻るには、1か月以上がかかりそうですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ