他人の家に侵入した関西学院高等部の部員が本来問われる罪とは!?

スポンサーリンク

関西学院高等部のバレーボール部に所属している男子生徒らが、同じ部の男子生徒宅に留守中に侵入したとしいて問題となっています。

人の家に勝手に入るのは住居侵入罪!鍵を盗むのは窃盗罪!

7-1

この問題は、男子生徒ら自らが撮影した動画をラインに投稿したことで発覚しました。

また、留守宅に侵入した際には、部屋を荒らしたことも分かっています。

そして、動画という動かぬ証拠によってこの男子生徒らも事実を認めているわけですが…。

人の家に勝手に侵入し部屋を荒らしたことで彼らが受けた罰は、たったの無期停学処分

果たしてその罰は妥当なものなのか?

疑問を覚えるところです。

というのも、彼らが犯した行為は十分犯罪です。

通報した先が学校だったから無期停学処分で済んでいますが、警察に通報していれば

「住居侵入罪」に「器物損壊罪」が立派に成立します!!!

高校生と言えども犯罪を犯せばそれなりの罰を受けるべき!

7-2

もしも知り合いや友達の家の鍵を拾ったら、あなたはどうしますか?

それを利用して友達や知り合いの家に勝手に侵入しますか

当たり前ですが、しませんよね。

彼らは誰もがしないはずの行為を行ったんです。

しかも犯罪行為ですね。

それなのにただの無期停学処分…。

スポンサーリンク

このような恐ろしい行為が無期停学という学校内の処分だけで許されて良いのでしょうか。

未来ある少年だから?

学校内での出来事だから?

それは違うはずです!

しかも、住居侵入は親告罪でもない

なお、親告罪とは被害者が被害に遭いましたと警察に届け出ないと、犯罪の捜査、訴追が成し得ない犯罪をいいます(例:強姦罪など)。

つまり、ラインによって住居侵入及び器物損壊という行為が明らかである以上、この男子生徒らは高校生だからと言って罪を免れることはできないはずです。

よって、3年以下の懲役または10万円以下の罰金が妥当

更に!

彼らは侵入した部員の自宅の鍵を部室で拾ったとされていますが、これもまたおかしな話だと思いませんか?

その鍵がなぜ侵入した男子生徒の家のものだと分かったのか…?

以前から被害に遭った男子生徒はからかわれていたという!

だとしたら、その男子生徒の家の鍵だとして盗んでいたことも十分に考えられる!!!

そうなれば、鍵については窃盗罪が成立しますね。

まぁ彼らにしてみれば、遊びの延長だったのかもしれません。
ですが、単なるジョークでは済まされない!

誰がどう見ても逮捕されるに値する行為ですよ。

それをただの無期停学…。

刑事罰に問われないなら、せめて退学処分が妥当ではないでしょうか。

そもそも、無期停学なんてものは学校側の判断次第で通常の登校が認められるものです。

早ければ1,2か月で普通の生徒として通学が許可されます。

たいした反省期間もなく彼らが普通に登校すれば、更にからかい行為(いじめ)がエスカレートすることだって考えられます。

何をもって学校側は警察に通報せずに無期停学処分という判断を下したのだろうか

その学校に通学している保護者達にもいまだ説明がないとのこと…。

これでは、「学校の名が汚れないために校内だけの問題として処理しようとした」と思われても仕方がないですね。

こういった学校側の安易な対応によって大事に至るケースも目立っているため、注意深く対応すべきだと思いました。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ