テレビの番組制作って何でもありなの?ヤラセ報道ありきで見なくてはいけないのか!?『NHKクローズアップ現代のやらせ疑惑』

スポンサーリンク

NHKの「クローズアップ現代」でのやらせ疑惑は既に周知のことでしょう。

このようなやらせはテレビ業界ではよくあり、時に問題が浮上していますね。

特に、バラエティー番組などはやらせは当たり前だと捉えてみている視聴者も多いことでしょう。

ねつ造、やらせ、虚偽、テレビの番組制作って何でもありなの?

5-22 (1)

ただ、「こんなのやらせだよ」と簡単に見て取れるものならまだしも、もっとも真実であるかのように制作されているバラエティー番組もあり、見る人によっては誤解を招くような演出があるのも事実です。

そこで、そもそも「やらせ」ありきの報道や番組制作は許されるものなのか?という疑問が生じますが、放送事業者の規律を規定する法律がありますので見ておきましょう。

放送法を見ると、以下のような規定があります。

 

「放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによって、放送による表現の自由を確保すること」

 

つまり、そこには「表現の自由」が放送局の自律によって保障されています。

更に、

「放送番組は、法律に定める権限に基づく場合でなければ、何人からも干渉され、又は規律されることがない…」

 

という規定もあります。

よって、どのような放送をしようが放送局への干渉はできず、規律することもできないとうことです。

それに、テレビ局は自由に報道ができる一方で、特段、どのようなことをしようが免許をはく奪されるというようなことはありません

しかし、そうであれば、私たちにとって一番身近であるテレビという情報ツールは大変危険なツールだという事になるのではないでしょうか?

これが民法であればまだしも、NHKでさえドキュメント番組を事実とは違う内容で構成し放送をしたことで国民を欺いていたのですから…

スポンサーリンク

「表現の自由」とはいえ、身近な情報原をねつ造される怖さは否定できない

5-21 (2)

私達視聴者は、一般的にドキュメンタリー番組と聞けば、それは制作者の意図や主観がない事実の報道として捉えて視聴することでしょう。

それが捻じ曲げられてしまっているとなれば、もはや何が本当で嘘かは分からなくなりますね

これまでも、嘘の報道をしたとの話題を度々目にしてきましたが、結果的に何ら罰則もなく謝罪で終わる以上テレビにおける嘘は許容されているという現状があることも否定できません。

 

この現状をどう感じるかはそれぞれです。

けれど、私はノンフィクションやドキュメンタリーと言われればそのまま受け止めてしまう視聴者の一人であります。

ですから、もしもそれが制作者によって故意に手が加えられ事実と異なる報道がされていたにも関わらず事実として報道されていたのであれば、それは詐欺にあったようなものだと感じます。

 

「それは言いすぎだ」という人もいるかもしれない。

しかし、表現の自由があるとはいえ、このような人を欺く報道が許されている状況があるということは本当に怖いことではないでしょうか?

現に、私はそのNHKの番組を見て、一つの情報として家族や友人に情報を提供してしまっていました。

ひょっとすると、それを私から聞いた家族や友人は、「こんなことらしい」と新たな人へとそれを真の情報として情報伝達しているかもしれません。

このように、テレビという大きな情報媒体が国民に与える影響は計り知れません

だからこそ、大げさに捉えて頂きたい

最近では、使用禁止用語乱暴な言葉、視聴者からクレームが来そうなことには敏感になり規制するテレビ局です。

虚偽ねつ造が堂々とされることこそにもっと敏感になり規制されなければならないはずです。

そして、これは新聞、週刊誌等、情報を発信する媒体にも同様に言えることですが・・・。

「如何様でも事実とは違う内容に摩り替えて伝えることができる」という恐ろしさをもっているのだという認識をきちんとして制作にあたってほしい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ