食い止められるのか!!ネット上の無料配信

スポンサーリンク

啓発コマーシャルで違法動画配信撲滅へ!

ネット上の無料配信を食い止めきれるか!?

1

今回は、ひょっとすると皆さんも一度は利用したことがあるかもしれない、無料配信動画サイトのニュースについて話題にしたいと思います。

数年前から問題となっていることですが、見逃したドラマや番組を無料で視聴できたり、音楽を無料で視聴できたりするサイトがネット上では散乱している状態です。

これは民放各社や著作権を持たれている方にとっては、勝手にかつ無料で配信されているわけですから、大きな損失となっており、早急に対処したい問題です。

ネット上の無料配信を食い止めきれるか!?

また、これまでも色々と手を打ってはきていたのですが、なかなか成果は上がらず、民放各社や関係先は四苦八苦状態なのが実情であり、各局が独自に行うだけの対策ではもう太刀打ちできない状態なのです。

そんな状況の中、どうにか事態を食い止められないかと、今月、新たな一手として、民放連は「違法配信の撲滅キャンペーン」を開始したのです。

詳細としては、民放加盟各局は2月中旬以降から3月末まで、違法性をアピールする啓発CMを放送することにしました。
テレビ各局や業界団体が本腰を入れたと言ってもいいでしょう。

ただし、啓発CMがどれほどの効果をもたらすのか?
というのも、閲覧するだけなら違法ではないからです!

どういう意味でしょうか?

もちろん、ドラマや番組をアップしたり配信することは違法です。
更に、その配信されている動画をダウンロードすることも刑事罰の対象となります。

けれど、違法に配信されている音楽や映像を視聴するだけの行為は、違法ではないのです。
つまり、見たり聞いたりするのはOKです!

「違法ではなく、便利なもの」=無料動画配信サイトとなれば……。
間違いなくサイトとしての需要は高いですよね!

なお、この点については、一つ補足しておきます。
例えばユーチューブなどの動画投稿サイトなどを閲覧する場合、ストリーミング視聴といい、見ている動画のデータはダウンロードされながら一時的に保存され再生(ほぼ同時再生)される場合があります。

ここが引っかかるポイントです!
「え?ダウンロード!保存!」
「それじゃあ違法なのでは?」
このように思われる方もいるでしょう。

しかし、著作権法第47条の8では、このストリーミング視聴による一時的な保存については著作権侵害には該当しないとしています。

すなわち、違法動画サイトであろうと、見るだけ、聞くだけならお咎めなし!という事です。

スポンサーリンク

さて、このような状況の中での啓発CM…。
その効果は…。

一人一人の心にどれだけ訴えられるか?
訴えられる内容のCMを作れたのか!?
このあたりが勝負でしょうね。

 

無料配信音楽や映像のQ&A

c

さて、私たちの生活では既にインターネットは欠かせないものとなりつつありますね。

そして、使い方を間違えさえしなければ、とても便利なものです。

パソコンだけでなく携帯電話でも、好きな音楽や動画を視聴できたり、ダウンロードしたりできるんですから!

しかし、ちょっとした注意も必要です。

既にご説明したとおり、音楽や動画には著作権というものがあり、無料動画や音楽をダウンロードする際には気を付けなくてはいけません。
ただ見る、聞くだけなら問題ありませんが、無料でアップされているからといって、どんなものでも勝手にダウンロードする事は違法となる可能性があり、危険です。

素人が遊びで投稿したようなものならまだセーフかもしれませんが、大抵のドラマや映画、音楽などには著作権が与えられています。
そして、アーティストや制作会社は、この著作権によって制作した音楽や映像をCDやDVDとして販売、または有料配信して収入を得ることになります。

勝手にダウンロードすると違法!!

ですから、著作権者に無断でインターネット上に配信された音楽や映像は、勝手にダウンロードすると違法になるのです。

中には、自分で楽しむ範囲ならOKでは?と思われている方もいるかもしれませんが、それが違法配信されたものと知ったうえでダウンロードする行為だと違法です。

そこで、動画や音楽をインターネット上で便利に楽しむために、どんな事なら違法とならないのか?、Q&Aでまとめてみましたので、参考にして下さい。

Q:違法に配信されているサイトを発見したのですが、音楽や映像を視聴するのは違法なの?
A:違法に配信されているサイトと知っての音楽や映像の視聴は、違法ではありません。
録音・録画するわけではないので、視聴のみなら刑罰の対象外です。

Q:動画投稿サイトの閲覧では、ストリーミング(ファイルの一時保存)での視聴となるので、違法になりますか?
A:動画を閲覧する際の一時的な保存については、著作権の侵害にはあたらないとされています。よって、違法ではありません。

Q:画像ファイルのダウンロードも違法になりますか?個人で楽しむ範囲ならOKですか?
A:画像ファイルは私的利用の範囲であれば違法ではありません。
違法となるダウンロードの対象物は、音楽や映画となり、録画や録音が想定されています。

Q:見逃したドラマや番組が無料で配信されていますが、違法配信と知りつつダウンロードした場合はどうなりますか?
A:違法配信だと知ってダウンロードする行為は違法です。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ