有名人への追っかけや好意!どこまでするとストーカー行為に!?

スポンサーリンク

ファンによる好意も度を過ぎると犯罪に!

7-17

元東京都知事である石原慎太郎と言えば皆さんもご存知の方だと思います。

この方に限らず、それなりの有名人ともなれば、職業柄、ファンや応援してくれる方がいることは嬉しいことだと思います。

しかし、同時にファンの行動が行き過ぎるものとなれば、様々な悩みも出てくることでしょうし、それが脅威と感じれば、もはやファンとして捉えられないことでしょう。

そして、今回話題になっているのが、石原氏の自宅へのピンポンダッシュです。

石原氏に好意を持っている方が「好意」からピンポンダッシュを繰り返し行ったとのことで事情聴取を受けました。

また、警視庁はストーカー行為等規制法違反の疑いで聴取をしていますが、果たして、ピンポンダッシュがストーカー行為にあたるのでしょうか?

更に、ウーマンラッシュアワーの村本さんもファンの方からのストーカー行為に悩まされ、先日ストーカー行為を繰り返したとして女子大生が逮捕されています。

さて、有名人ともなるとこのようなファンに悩まされるのは人気の裏返しであるとも見てとれます。

それに、ファンとしてみれば、応援したいと同時に近づきたいと思ってしまうものです。

それは自然な感情とも言えます。

ただ、度を過ぎてしまえば、もはや相手からは応援してくれるファンではなく「迷惑な人」となってしまいます。

結果、ストーカーとされてしまう…。

こうしてみると、ファンが出待ちしたり追っかける行為、ファンである自分の気持ちを伝える行為というのは、ストーカー行為と紙一重みたいなところで難しい気もします。

そこでまず、どういった行為がストーカーとなるのか?

あなたの好意は大丈夫?ストーカー規制法の対象になっていませんか?

7-18

さっそくですが、ストーカー規制法を見てみましょう!

「つきまとい等」をして「ストーカー行為」をした者がこの法律の対象となっています。

ちょっと分かりづらいかと思いますが、まずどういった行為が対象となるのかを「つきまとい等」で規定しています。

8つの行為が列挙されていますが、内容を簡単に言うと、自宅付近で待ち伏せしたり押しかけたり、相手の行動を監視、面会や交際を要求したりすることが対象となっています。

スポンサーリンク

また、「つきまとう等」としては、無言電話を何度もかけたり、不快と感じる物を相手に送りつけたり誹謗中傷して名誉を傷つけるなども含まれています。

そして、この前述した「つきまとい等」の行為を繰り返し行うと、「ストーカー行為」とされるわけです。

なお、詳しくは警視庁のホームページに載っているのでみてください。
「警視庁HP」

では、どんな事をしたらストーカー行為となるのかが分かったところで、先ほどの石原氏自宅へのピンポンダッシュはどうなるのかを考えてみます。

「つきまとい等」としてあげられている8つの行為には、「ピンポンダッシュ」はありませんし、該当しないといえるでしょう。

つまり、今回事情聴取を受けている方がストーカー規制法違反により逮捕される可能性は低いと思います。

また、都が定めている迷惑防止条例というのがあります。

この対象になるかどうかですが、同様にピンポンダッシュが該当しそうな規定はありません。

石原氏にとっては残念ですが、今回の場合はピンポンダッシュをした方は警察から注意されて終わりといったところでしょう。

ただし、「ピンポンダッシュ」が犯罪にはならないというわけではありません

相手の生活を脅かし、思い悩んでうつ病などとなってしまえば傷害罪となる可能性もあります。

好意があってのことと言えども、ピンポンダッシュをすることは常識で考えれば迷惑な行為です。

大人としての常識を考えて行動するべきですね。

次に、村本さんのケースですが、ファンかストーカーか?の線引きは難しいところでもあります。

というのも、村本さんに限らず芸能人ともなれば、常に行動を追いかけたり予定や生活を把握しようとする過剰なファンやしつこいファンは多くいます。

ですから、村本さんが気にせず応援してくれている一人だとすれば、ファンで済んでしまいます。

他方、村本さんのストレスとなりストーカーだと思えば、ストーカーになってしまいます

ただし、今回のケースでは、村本さんは、何度も逮捕された女子大生に注意をしており、更にツイッターなどでもストーカー被害を訴えていたとのことです。

つまり、かなりストレスを与えていたことになりますし、当然、本人もそれを知ったうえで続けていたことになりますから度を過ぎた行為(好意)だと言えます。

こうなると、ただのファンとしてでは済まされなくなりますね。

けれど、昔ならストーカー規制法という法律がなく、ファンによる追っかけというのは当たり前のことで、芸能人の宿命的な感じもありましたよね。

ですが、今はストーカー規制法があり、芸能人という職業でもこのストーカー規制法でファンの行為を規制できてしまう…。

見方を変えると、ちょっとファン泣かせな法律でもあるな!と思ってしまいました。

ただ、いずれにせよ、相手が嫌がることや嫌がっているのに続けるようなことはしていけない!ということです。
それが芸能人であろうと誰であろうと!

節度を持って応援なりするべきですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ