払えるのに払わない!給食費を未納する親とは?

スポンサーリンク

つい先日ある学校の校長先生が給食費を着服していた事が発覚。

給食に賞味期限切れの食品が使われていた事もありました。

以前給食未納問題が大きく取り上げられましたがご存知でしょうか?

以前から全国での給食費の未納が問題となっていますが、その状況は変わらず

埼玉県の中学校で、「未納が続けば給食を提供しない」

との措置を決行しました。

その結果、なんとこれまで未納していた家庭がとたんに支払いの意思を表示したというのだ!

それも、3か月間未納だった43人のうち、40人も!

給食費を未納する親の持論が痛すぎる

6-15

ただ、やはりそれでもまだ未納する家庭もあり、仕方なく裁判になるケースも…。

高崎市では、再三の通知を無視され未納金額が約30万円にもなったため、その親に対して裁判という法定措置に踏み切っている。

なお、このように学校からの通知を無視し続け、未納を続ける親というのは稀なケースではなく、文部科学省の調査では、未納者のいる学校の割合は46.5%もあるのです!

更に、驚くことに、各学校の調査結果によると、未納の主な原因は、

「保護者の責任感や規範意識の問題」が61.3%

と最も多く、経済的な事情という原因が未納の原因ではないのです。

つまり、「払えるのに払わない」という理由で給食費を未納しているのです。

そして、なぜ払わないかの理由としては、

「義務教育だから払わない」
「頼んでない」
「高すぎる」
「収入に応じて金額を変えてほしい」
「昔から払わない人はいた」
「お弁当を持たせるから必要ない」
「給食費の内訳をみて納得出来ないと払いたくない」

ただの親の都合ですね。

中には、勝手な持論を展開している始末です…。

因みに、「お弁当を持たせるから必要ない」というような言い分は、一見、給食費の支払いを断る理由にはなりそうですね。

しかし、大概こういった親の場合には、実際には子供にお弁当を持たせない、「忘れた」と言わせるなどして給食を食べさせてもらうという、非常識な痛すぎる親が多くいるというのです。

「なんだかんだ学校は子供を見放さない、見かねて食べさせてくれる」とでも思っているのでしょうか???

給食を当たり前だと勘違いするな!痛い親には厳しい対応を!

6-16

スポンサーリンク

もしも本当に生活が苦しいとしても、私だったらほかの支払いを後回しにしてでも給食費は払いますがいかがでしょうか?

そもそも給食は子供の食費ですよ。

必要経費ですよね?

もし本当に払えないのであればそれなりの処置をとり救済を求めてください。

行政も何かしら対応はしてくれます。払えるに払わない方達に言いたい!!

家計の支出的には優先されるべきモノ。

ましてや、素人では考えられないような栄養摂取がきちんと考慮された献立が組まれています。

自分でこれをやれといわれてできる親は少ないはず。

それを何をどうはき違えて勝手な言い分で未納するのか?

本当に理解に苦しみます。

ただ、学校側の対応も甘すぎる!

払えるのに払わない親に対しては、それなりの措置を取るしかないのです。

それなのに、ある教育委員会では

「実際に弁当を持参させることは生徒へのマイナス面が大きいとして、各学校の校長に「細心の注意を払うように」

と指導しているというのです。

生徒へのマイナス面…。

これを出されたら、学校側は相手が非常識な親であっても手も足も出せません。

しかし、このような教育員会の態度を真に受けていることが、非常識な未納者を更に勘違いさせることになっているのではないでしょうか…。

「払えるのに払わない」ような親には厳しくしても良いはず。

むしろ、「あなたの親はそういう親ですよ」って子供に教えてあげた方がいい!

モラルのない親であってもその子供は自分の親が普通だと思っていることでしょう。となれば、その子もモラルのない大人になる可能性は大きいですね。

だったら、反面教師として、子供に気付かせてあげた方がいいのではないでしょうか!?

実際に子供を預かっている現場となるのは学校です。

このような教育委員会の指導に左右されることなく、厳しい対応を示してほしいですね。

無銭飲食と給食費未納は同様だ!

「子供は何も悪くはない」

そんな批判もあることでしょうが、やはり「悪いことは悪い」のです。

給食費だから甘い対応でいい!という事ではないはずです。

たまたま、給食費だからグレーな対応で済んでいるだけです。

やっていることは、無銭飲食と同様ですから刑法の詐欺罪にあたります。

「給食があるのが当たり前」、「払わなくてもどうにかなる」となっているから未納者を付けあがらせるのです。

だったら、「給食があるだけでどれだけ助かるか」、「払わないと罪になる」という状況に追い込んであげればいい!

「悪質なものは訴える」
「給食を提供しない」

どんどんやってもらいたいと思います。

支払う能力があるのに、払いをしない親の責任はハッキリした方がいいのです!

給食がなくお弁当を持参する学校だってあるのですから、払わない親を擁護なんて到底できません

行政も給食費を払いやすいようコンビニ支払いができるようにした地域もあるようです。

払えるのに払わない人はこのような手を尽くしてもはらわないでしょうけどね・・・。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ