女性だと思っていたメール相手は実は男性!姿かたちを変えて生き延びる出会い系サイト!

スポンサーリンク

出会い系サイトの運営会社社長がLINEのロゴマークを無断使用(商標法違反)し、そのチャットから出会い系サイトへと誘導したとして社長を含む社員らが逮捕されました。

また、その出会い系サイトには女性になりすましたアルバイトが約30人もいた

もちろん、詐欺容疑でも逮捕されています。

6-1 (1)

そして、その出会い系サイトの利用者(経営する三つのサイトで)が約270万人もいたということで、約66億円もの売り上げがあったという。

出会い系サイトの本当のところ!その中身はさくら率100%!?

まだまだ多くの方がサクラが潜む出会い系サイトに騙されている!

そんな実態が浮き彫りになった事件です。

さて、出会い系サイトと言えば、「サクラに注意しろ」これは以前からもよく言われています。

それに、ラインやメールなどで見知らぬ女性から「友達になってください」などのお誘いのメールなども同様です。

つまり、出会い系サイトなどこの手の出会いものというのは、詐欺的なものが本当に多いということです。

出会い系サイト=サクラがいること

これは周知の事実として世間でも知れ渡っています。

ですから、当初出会い系サイトが出始めたころと比べると、当然、利用者も警戒心を持ってサイト選びをするのが当たり前になっていたはずなのですが…。

それでも騙されてしまう…。

サクラ達の腕があがっているということなのでしょうか…。

サクラがいるようなサイト(この会社だけで)なのに270万人もの人が登録していたのですから少し驚いてしまいます。

270人もの人が騙されていたことになるのですから…。

当然、詐欺を行っている運営者側が悪い!

しかし、女性になりすますサクラを雇うサイトは他にもいくらでもあります。

本当の女性だったとしてもアルバイトとして客寄せを雇うサイトも多くあります。

そもそも、そういったサクラを雇うサイトが殆どでは…。

こうなると、騙されるのを覚悟してサイトを利用するか、騙されないための知識を利用者側がつけないとどうにもなりませんね

スポンサーリンク

サクラかどうかを見抜く方法

6-2 (1)

登録料や利用料を払ってまで女性になりすました男性とメールするなんてことは避けたいところですね。

そこで、まっとうな出会い系サイトかどうかを判断する際にはどのようなことに気を付けた方がいいか!?注意すべき点を紹介したいと思います。

■登録してすぐにメールが来る■

この手のサイトはほとんどがサクラばかりの出会えない系です。

逆に、滅多に申し込みが来ない方が信頼度は高い

入会してからは、しばらくは様子をみてください。

「すぐに女性と出会いたい」という、利用者の心情も分かりますが我慢です。

■やたら綺麗な子の写真ばかり■

メールが頻繁に来ることもそうですが、すぐにかわいい子の写真が送られてくるのもサクラの要素が満載です。

その写真が本物かどうかは疑うべきです。

画像をグーグル検索してみると以外にも一致する写真が出てくることもよくあります

つまり、適当な画像を送りつけてきているわけです。

やたら話を引っ張る話が途切れないというのも、疑うべき点です。

自分に興味があるのでは

そう思わせるうまいサクラがいます。

話が続くことで利用料が上がるサイトでは特に注意です。

そもそも、素人の女性であれば、メールの関係とはいえ、見ず知らずの男性とそんなに積極的にはなれません。

■お金を請求される■

一度もあったことのない相手からの金銭要求については、どんな理由であろうと断りましょう。

「すぐに返す」「一時的に貸してほしい」このようなメールはサクラだと思って間違いありません!

普通に考えて、見ず知らずの他人にお金を借りるなんておかしいですよね?

間違いなく騙そうとしています

さて、たったこれだけの事ですが、冷静になって考えれば怪しいサイトかどうかはすぐに判断ができます。

被害者となる可能性も一気に下がります。

知識もなく冷静に考えられない人が騙されます。

女性になりすます男性と話をするためにお金を払うなんてバカバカしいですよね。

被害に遭わないためにも、警戒心をもってサイト選び・利用をしてください

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ