ママ友の間でも話題!出生前診断に賛成?反対?

スポンサーリンク

新たな出生前診断は法律の範囲内か?

診断1

私の周りやママ友ともよく話題になっている「出生前診断」についてのニュースがありました。
このニュースは、今後妊娠する方や妊婦さん、ママ達の間でも話題となりそうな内容でした。

ニュース内容は、「誤報告した函館の医院に1000万円賠償命令」という見出しであり、北海道函館市の産婦人科医院「えんどう桔梗(ききょう)マタニティクリニック」で2011年、胎児の出生前診断結果を誤って伝えられた両親が、人工妊娠中絶の選択権を奪われたなどとして、医院側に1000万円の損害賠償を求めた訴訟で、函館地裁は5日、1000万円の支払いを命じた(毎日新聞 6月5日(木)21時42分配信)。

判決によると、母親は胎児の染色体異常を調べる羊水検査を受け、ダウン症であることを示す結果が出た。
しかし医院の院長は11年5月、母親に「陰性」と誤って伝え、生まれた男児はダウン症と診断され3カ月半後に合併症で死亡した、という事でした。

これが事件の概要ですが、そもそも出生前診断とは何?
その結果を受けての中絶は認められるのか?
まずはこのような面について説明していきます。

出生前診断とは?

さて、私も経験しましたが、妊娠をすると定期的に妊婦健診を受ける事になります。
通常の検診では、正常妊娠の確認、妊娠週数と分娩予定日、胎芽・胎児数(ひとり・多胎)、胎芽心拍、胎児発育、胎盤や臍帯の位置などを検査するために超音波検査(エコー検査)が行われます。

そして、この超音波検査で異常があった場合や高齢出産などでリスクのある出産となる場合、羊水検査を勧められる場合があります(年齢などに関係なく受ける人もいます)。

この羊水検査とは子宮に長い注射針に似た針を刺して羊水を吸引(羊水穿刺)して得られた羊水中の物質や羊水中の胎児細胞をもとに染色体や遺伝子異常の有無を調べます。
検査を受けられる時期としては、妊娠15 – 18週となっており、出生前診断として従来から実施されているものです。
なお、羊水検査を受けるかどうかはあくまでも夫婦2人の選択となります。

更に、昨年からは『新型出生前診断』というものが日本医学会の認定・登録委員会により認定された施設での検査が始まっております。

これは、従来からある羊水検査よりも妊婦の身体への負担が少なく、妊婦の血液を調べることで胎児に染色体異常があるかどうかを知ることができる検査となっています。

そして、これらの出生前診断による検査を受けての中絶が法的に認められるのか?という事が物議を醸しているのです。

そこで、そもそも「人工妊娠中絶」は法的にどう解釈されているのだろうか?
まず出生前診断については、これに関する法的な文章は今のところ見当たりません。
しかし、出生前診断にも深く関わる法律としては母体保護法があります。
まずは関連する条文として、母体保護法第三章を見て下さい。

母体保護法第三章

第三章 母性保護(医師の認定による人工妊娠中絶)
第十四条
都道府県の区域を単位として設立された公益社団法人たる医師会の指定する医師(以下「指定医師」という。)は、次の各号の一に該当する者に対して、本人及び配偶者の同意を得て、人工妊娠中絶を行うことができる。
一  妊娠の継続又は分娩が身体的又は経済的理由により母体の健康を著しく害するおそれのあるもの
二  暴行若しくは脅迫によって又は抵抗若しくは拒絶することができない間に姦淫されて妊娠したもの
2  前項の同意は、配偶者が知れないとき若しくはその意思を表示することができないとき又は妊娠後に配偶者がなくなったときには本人の同意だけで足りる。

これを見る限りでは、人口妊娠中絶は一応認められている事が分かりますね。
ただし、特別に出生前診断については触れられていません。
よって、その結果(胎児の異常が分かった場合)による中絶は適応するとは書かれていません。

しかし、現状を見ると、医師の判断によりこの第14条1項の適応範囲が拡張されて運用されていますね。

つまり、出生前診断による中絶が合法か?違法か?法律の範囲内か?については、明確ではありません。
けれど、実際には行われているというのが現状です。

ただし、この問題に関しては論理的な懸念から多くの議論がされています。
例えば、「それは違法だ!」「命を何だと思ってる!」「今こそ見直すべきだ!」など、自分的な解釈で色々な事を言う人もいます。

ですが、そんな議論よりも見直すべき点は他にある!
障害者だと分かったから中絶する、その選択をした人はきっとそれが論理的に間違えてる事くらいわかっていると思います。

せっかく新しい命と出会い母親となる機会を得た、それでも中絶すると決める。
これは母親にとっては苦渋の選択です。
ではなぜその選択をしたのか?その背景こそ見直すべきだと思うのです。

妊娠してから出産までの間には多くの不安を抱えます。
もしかしたら障害を持つ子が生まれてくるかもしれない…、もし障害を持つ子を産み育てることになったらどうしよう…
このような不安は通常の妊婦ですら抱きます。

そして本当にお腹の子に障害があると分かったら…
その不安や悩みは本人にしか計りしれないものだと思います。
そもそもこれまでの人生において障害を持つ人と身近に接する機会があったでしょうか?
そのような機会は少なかった人ばかりでしょう。
障害者として生まれてきた子をどう受け止めるべきか?どうやって接して育てていけばいいのか?悩むに決まっています。

スポンサーリンク

私たちの暮らしの中では、障害者と接する機会があまりにも少ないのです。
このような社会にも問題があると感じます。

もし中絶に待ったをかけたいのであれば、障害を持った子が生まれても、両親が安心して生み育てられる環境を作るべきでしょう。
そんな環境が十分ではないのに、中絶云々を議論しても何も解決しないと思います。
まずはそのような社会作りについて議論してほしいと感じました。

妊婦の不安は計り知れない!

診断2

さて、事件に戻りますが、両親側は誤報告により生まれたことで、男児は結果的に早期に死亡したと主張していました。
しかし、裁判長は「ダウン症児として生まれた者のうち、合併症を併発して早期に死亡する者はごく一部」とし、誤報告と早期に死亡した因果関係は認めませんでした。

けれど、判決後の両親側のコメントの一部を見てみると、「ミスの重大性や、生まれた子供の命を否定しなければいけなかった親の心情を深くくみ取ってくれた」とあり、私はこのコメントに注目しました。

両親側の主張は認めてもらえなかったのになぜこのコメントなのか?

妊娠した女性が抱く感情には、妊婦特有の感情と言うと少し語弊があるかもしれませんが、多くの人は自分が親になるという喜びだけでなく覚悟や不安を抱きます。

その不安の中には、生まれてくる子供が健康かどうか?という不安は大きなものとなります。
この不安に関して言えば、とにかく何でもいいから安心材料が欲しいと思うのです。
また、口には出さなくとも、その不安は生まれてくる瞬間まで抱えているものです。

その為、妊娠中に行う超音波検査などで、医師から「順調です。問題ありません」と言われればその都度安堵するのです。
私も出産を経験したものとして、喜びとともにこのような不安な気持ちを妊娠中は常に抱いておりました。

ただ、私の場合は高齢出産ではなく、他の不安要素も見当たらなかったため、通常行われる超音波検査のみでした。
しかし、もし何かしらの不安要素があれば、私も羊水検査を希望していたでしょう。

ましてや高齢出産や通常の検査によってリスクを越えてしまった場合なら、希望して受ける人も多いはずです。

実際に、ダウン症など胎児の染色体異常の有無を調べる羊水検査の実施件数は、2012年では約2万件です。
10年前と比べると倍増しており、高齢妊娠出産が増加している中、今後も件数は増加すると思われます。

ただ、中には検査を受ける事に対し、
「出生前診断を受ける事は、既にある命を否定する事になる」
「結果次第で考えるなんて、命をもてあそぶな!」
「子供の為?いや、自分達の為でしょ!」
などと色々と言う人も多くいます。

しかし、私にはキレイ事にしか聞こえません。
言いたい人には勝手に言わせておけばいい!そう感じます。

妊婦さんだってそんな事は分かっています。
それに、「出生前診断」を受ける事になれば、結果への不安から検査結果が陽性なら中絶するのか?それとも生むのか?という事を考え大変悩むことになるでしょう。

とは言っても、そのような不安な感情は、実際にそうなった本人以外が分かるものではありませんから、理解できないかもしれません。

それに実際に育てていくのは誰ですか?言いたい事を言っている人ですか?
いや、出産した本人ですね。
もし、本当に障害を持った子が生まれてくると分かったら、キレイ事ばかりを並べていられませんよ。

だから、もし結果が陽性となりその事を受けて中絶という選択をしても…
私はそれを否定できません。

もちろん中には全てを受け入れる覚悟で出生前診断を受けない人もいらっしゃるでしょう。
ですが、それだけをもって出生前診断を受けない事を肯定、出生前診断を受ける事を否定する。
そう簡単な事ではないのだと思います。

出生前診断を受ける事や診断結果による人工妊娠中絶の選択は、それは夫婦の問題だと思います。
その選択が間違えているとか正しいとか、周りがとやかく言う事ではない!

今回ニュースとなった両親も、きっとこの事件が明るみに出たことで色々な意見を受ける事になったのでしょう。
だからこそ、判決に対してのコメントに「ミスの重大性や生まれた子供の命を否定しなければいけなかった親の心情を深くくみ取ってくれた」という意味深いコメントを出したのではないでしょうか。

また、昨年からは新型出生前診断が開始されました。
費用が高い、周りがどう思うか、それでも受けるかどうか、もし障害があると分かったら中絶するかどうかなど、ママ友や妊婦さん達の間ではかなり話題になっています。

新型出生前診断についても、検査開始から半年で約3500人にと予想を上回る受診者であり、各医療機関には希望者が押し寄せているようです。

これに関しても、物議を醸していますが…
私としては、「受けたければ受ければいい」「夫婦が決める事」という出生前診断を否定しないスタンスですが、ただ、検査を十分に理解して受けてほしい。

理解もせず安易に受ける人も多いため、検査結果による動揺や混乱も懸念されています。
また、きちんと考え判断した結果のうえで中絶するかどうかを決めないと、中絶後に後悔したりなど精神的なダメージは大きなものとなります。

冷静な判断のうえで出産を考えていただくためにも、正確な情報を得る事やカウンセリングを受ける事はとても大切です。

スポンサーリンク

2 Responses to “ママ友の間でも話題!出生前診断に賛成?反対?”

  1. みさっちゃん より:

    はじめまして。
    内容に大変共感し、コメントさせていただきました。
    現在看護学生で看護師、助産師を目指して勉強しています。
    たまたまレポートを書くにあたって閲覧しましたら、とても考えさせられる内容でした。
    命の問題、赤ちゃんの命はいつから人の命として扱われるのか、障害の受け止め方、法律との関係、それにかかわる母親の感情、メディア、世間の意見・・・本当にたくさんの要素が絡み合った問題だと私も感じています。
    正しい答えはないように思いますが、医療者はかならず選択をしなければならないことがとてもつらいですね・・・
    個人的な意見を述べてしまい、失礼しました。
    これからも考え続けたいと思います。
    ありがとうございました。

  2. NDB より:

    知的障害者支援施設の虐待に思う。
    尊厳か人権かの二択なんて甘い問題
    では無い。
    施設での暴力が悪であると100%決め
    付ける事も出来ない。
    虐待を防ぐ為にと言うが、現代の他人
    に迷惑をかける事を何とも思わない様
    な甘ったれた親達が長くて辛い忍耐力
    の必要な障害者への躾がどの程度出来
    るというのか?
    結果として施設職員への皺寄せが酷く
    なって虐待せざるを得なくなるのに最
    後は責任転嫁だからな。
    人権意識と心理学と認知行動学に基づ
    いた厳しい最適解を知的障害者支援施
    設職員に求める事は当たり前なのか?
    では親はどうなのか?面倒で苦しい所
    は全部職員様におまかせなのかね?

コメントを残す

サブコンテンツ