超かわいい!「ちりめんつまみ細工」でブローチ作ったよ!

こんにちは〜!

 暑いよね〜! 

体調崩さないで元気にやってる?

今回、私は「ちりめんつまみ細工」という手芸に初チャレンジしてみたよ!

前からネットで見かけていて、作ってみたいと思っていたんだよね。

でも、材料を買いに行くのがちょっと面倒でね。
だから、今回は初めての挑戦ということで、セットのつまみ細工セットを買っちゃった。
というか、実はちょっと前に買っておいていたんだよね。

このセットなのですが、ピンセットみたいなのがついているの。
ツマミッコ」という物らしいよ。
それを上手に使って作るセットみたい。

私、ネットで針と糸を使って作る方法も見たことがあるんだよね。
だけど、今回はこのセットの説明書通り、ボンドで作ってみたよ。
剣つまみのお花のブローチとの2種類ができるみたい。
かわいいよね♪

このセットの他に用意した物

・手芸用ボンド(私は木工用ボンドを使ったよ)
・手を拭くためのタオル
・はさみ

剣つまみから作る

剣つまみ」は花びらが剣のようなつまみ方の花だよ。
私はどちらかというと丸つまみのほうが好きな感じ。
でも、両方、しっかり作るよ。

ちなみに、説明書では1個30分でできるとか…

で、「剣つまみ」のほうから作り始めたよ。

とってもかわいいよね。

このセットの場合、ちりめんが既に切ってあるから、すぐに作れるのがいいよね。

慣れたら、テレビを見ながらでも作っていけそうだよ。

このはなびらを台紙に貼っていくんだよ。
この台紙は説明書に印刷されていて、それを切り取って使うんだって。

全部貼るとこんな感じになるの。

この時はボンドがまだ透明になっていないの。
ボンドは乾いたら透明になるから、この部分はべっとりボンドがついていても大丈夫っぽい。

そして、なんと、中にもうひとまわり小さい花(?)を作って、ボンドで接着するの。
これ、2cm四方のちりめんだったから、小さくて扱うのが難しかった

そして、ボンドってすぐに乾いてくれないのね。
だから、思ったよりも完成には時間がかかる感じ。
30分ではできないわ。

そんなわけで、これのボンドを完成させている間にもうひとつのほうを作り始めたよ!

丸つまみの花も作る

今度の「丸つまみ」はこういう感じ。

丸くて可愛いよね。
私はどちらかというと、剣つまみよりも丸つまみのほうが好きかな。

これは2枚を重ねてるくるんだけど、1枚で作っているのもあるよね。
これは2色だから、豪華な感じだよね。

花びらを5枚作って、それを台紙に貼っていくの。
こっち花は緑色の葉っぱもつくの。

この緑色がかわいいよね。

そして、真ん中の、小さな花びらも作って重ねるの。

外側の花びらだけの時に写真を撮るの、忘れちゃったわ。

手にボンドがついちゃって、スマホ触れなくなっちゃったんだよね。

でも、外側の花びらだけでも、充分に可愛いんだよ。

で、ボンドが乾くのをちょっと待ったよ。

ボンドがまだ全然乾燥していないうちに形を整えようとしても、なかなかうまくいかなかったんだよね。
自分の手が、ボンドで汚れているし、更にどんどん汚れてくるしね。

そして、こんな感じで、しばらく時間をおいたよ。
もう少しだけボンドが乾燥し始めたら、整形しようと思ったの。
で、このあとお茶を飲みに行きました。

で、こんな感じになったよ。
かわいいよね!

ブローチとして、立派に使えそうだよ。
もう作り方覚えたから、かんざしをつくったり、飾り物を作ったり色々できそうだよね。

ちりめんではなくて、古布で作るのも素敵なんだよね。

作っている時に感じたコツなど

ボンドが手ついてしまうと、そのボンドがついた手にちりめんがくっついてしまう

そうなると、花びらの形がくずれたり、お花の形がくずれたりする。
だから、手を拭くおしぼりはあったほうがいい

それでも、手の汚れが気になる場合は洗ってきちゃったほうがはやい。

使うボンドによっても違いがあるだろうけれど、ボンドが固まるまでの時間は知っておいたほうがいい。

ちょっと形を治したいような時はボンドがべとべとについている時は少し乾きかけてきている時のほうが、扱いやすい。

おわりに

このつまみ細工は難しそうに見えるけれど、やり方そのものはそんなに難しくない感じ。

オフィスでお客さんを待っている時とか、ちょっとした時間で花びら1枚くらいは作れちゃうしね。
プレゼントにもいいよね。

これはこれからも続けていきたいお細工だと思ったわ。

大きさとか、使う布とか、色とかを変えるだけで、同じデザインの物が全く違う物になりそうだよ。
すごく楽しくて、他にまた作りたい感じ。
とってもおすすめな手芸ですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ