このエントリーをはてなブックマークに追加  

売却してもローンが残るケースは多くある

自宅の売却に際して考えなくてはいけないのが、住宅ローンの残債です。

 

売却価格を予想して、住宅を購入する際の借り入れがどれだけ無くなるかをきちんと把握しないと、残る債務に悩まされることになります。

 

いわゆる、これがオーバーローンというケースです。

 

住宅ローンの残高が、不動産の売却価額より大きくなってしまう状態、

 

担保割れしている状態です。

 

そもそもローンを組んだ初めから、この担保割れの状態になっている!

 

知っていましたか?

 

例えば、住宅購入時に頭金が少なかった場合です。

 

ほぼ全額ローンで住宅を購入し、購入してすぐに売るとします。

 

あなたが買った価格では売れません。

 

いくら新築とは言え、そのまま売れるケースは考えられないですね。

 

ましてや所有権を登記したとなれば尚更です。

 

確実にマイナスが出ます!

 

まさに担保割れしている状態ですよね。

 

だからこそ、頭金は入れておくほうがいいのですが、最近は頭金を少なくして購入される方が多くいます。

 

もちろん、この担保割れの状態で抵当権が付いていたとしても、売却はできます。

 

しかし、わざわざ借金がついてくる(抵当権がついた)物件ですから、買う人はいないでしょう。

 

そこで業者などに頼み、借金を残した状態でも債権者に抵当権を消滅してもらう!

 

これが任意売却です。

 

任意売却 専門家はこちら

 

そして、売却した後が問題なのです。

 

売却してもなお残る債務!これには注意が必要です。

 

多額の債務の場合には、自己破産なんてこともあるからです。

 

売却前にしっかり把握して、どうするかは予め考えておかなくてはいけませんね!

オーバーローンに気をつけよう!

さて、売却時の担保割れの事をオーバーローンともいいますが、別の意味でも使います。

 

それは住宅を購入する際の借り入れを借りる時です。

 

住宅を購入する際のの借り入れ金額は不動産の購入金額を見据えてローンを組むのが一般的です。

 

しかし、住宅ローンの借り入れ金を利用して、別の目的に使ってしまう、これもオーバーローンといいます!

 

まずは住宅ローンを組む時の事を考えてみましょう。

 

銀行には住宅購入にかかる資金の内訳書を提出します。

 

融資の審査ではこのような書類も確認され、お金を貸すかどうか決定されます。

 

その際には、本当に住宅購入のためのお金なのか?を銀行は判断します。

 

住宅に伴う工事や住宅に伴う費用よりも多く借りようとする人もいます。

 

これがオーバーローンの状態です。

 

そして余分に借入して余ったお金を、別の目的に利用してしまうのです。

 

このような融資を初めから意図して行う人もいれば、たまたま思っていたよりも余分が出てしまったという方もいますが、どちらにしても同じです。

 

 

そのお金で車を買ったり、旅行費用に使ったりしてしまえば、オーバーローンとなります。

 

しかし、借りたものは返さなくてはいけません。

 

その時は余分が出てラッキーくらいに思えても、あくまでも銀行のお金です。

 

自分のお金だと勘違いしないで下さい。

 

このオーバーローンによって、毎月の返済金額は増える、または返済年数が増えることになります。

 

自分の首を自分で閉めていることになっていますね。

 

何のために借りたお金か?それは誰のお金か?

 

悪意が無かったとしても、その点を明確にしておかないと間違えた利用をしてしまいます。

 

必要以上にお金を借りないこと!これはとても重要です。

 

ローンをいくら借りるか決める際には、借り過ぎに注意して下さい!