このエントリーをはてなブックマークに追加  

広告活動の必要性

家を売りたくても買い手がいなければ不動産売買は成立しませんね。

 

何を売るにも売る環境によって成果は異なります。

 

例えば、インターネットサイトでのショッピングを例で考えます。

 

洋服を売りたいと考えたら、

 

自分でサイトを作る、お店に依頼するなどの方法があります。

 

しかし、ただ自分でサイトを作って販売、お店に依頼して販売したところで、売れません。

 

インターネット上には多くの洋服屋さんが存在しています。

 

その多くのお店の中からあなたが売りたい商品を扱うサイトを見つけるのはとても困難です。

 

では、YAHOOや楽天といった人気のあるサイトのお店だったらどうでしょうか?

 

見つけられる可能性は高くなりますね。

 

また、「洋服」と検索して一番トップにあなたが売りたい洋服を扱うお店が表示されたらどうでしょうか?

 

サイトを覗いてあなたが売りたい商品を見てくれる確率は上がりますよね。

 

これが広告活動です!

 

これはインターネットショッピングに限った事ではありません。

 

もしこの広告活動を怠れば、例え良い商品(物件)だったとしても、売れない可能性は高くなります。

 

出せば売れる!という認識では難しいと考えてください。

 

そのためにも売ってくれそうな業者に依頼する必要があります。

 

ましてや、時間的にも急を要するのであれば、なお業者による広告活動の重要性は重視しなくてはいけません。

 

頼りになる専門家 一覧

買い手を見つけるためには、業者の広告活動などを重視

さて、業者が行う広告活動には以下のようなものがあります。

 

  • インターネット広告
  •  

  • 新聞折込広告
  •  

  • フリーペーパー
  •  

  • ポスティング
  •  

  • 独自の売買ルートへの売り込み

 

(業者によってはこのような横のつながりを持っているので、買い手を見つけやすくなります)

 

ここで問題になるのがプライバシーです。

 

任意売却などによる売却の場合、「近隣住民に知られたくない」「会社や知人に知られたくない」などの事情を持たれている方が多くいます。

 

物件を売るとなれば、その情報として、場所・外観の写真・室内の写真・間取などが必要となります。

 

これだけの情報ですから、むやみやたらと広告活動をすれば知られたくない人にも知られてしまう可能性は高くなります。

 

そこで、業者によっては売り主の要望によって広告活動を制限してくれる業者もあります。

 

プライバシーの保護に関しては、このような売り主に配慮してくれる業者を選ぶべきでしょう。

 

但し、宣伝してこそ売れる!というのは間違いないのです。

 

 

つまり、広告活動を制限するということは、買い手を獲得する範囲を縮めていることにも繋がります。

 

ですから、早く売らなければいけない場合など、広告活動に制限をかけるのは厳しいと考えておくべきです。

 

「宣伝しなきゃ売れない」と業者側の意向だけを強引に受け入れる必要はありませんが、買い手を獲得するためにもプライバシーと広告活動のバランスが必要となります。