このエントリーをはてなブックマークに追加  

信用情報とは?

よく何か悪いことなどをするとブラックリストに載る、なんて事が言われますね。

 

では住宅ローンや自動車ローン、キャッシングやカードローン、債務整理や自己破産などのお金に関係することについてはどうでしょうか?

 

実際にはブラックリストというリストは存在しません。

 

金融機関などの業界の間で利用されているのは、信用情報というものです。

 

信用情報といってもその情報機関は多く存在し、一つではありません。

 

もともと銀行やクレジット・信販、消費者金融などはそれぞれにおいて各信用情報機関を持っていました。

 

そして、クレジットカードや消費者金融などの個人への金貸しが勢いをつけた一方で、貸し倒れが問題となりました。

 

これを背景に各情報機関が持っていた情報を、共有するようになったのです。

 

 

下記に信用情報機関の種類をあげておきます。

 

・全国銀行協会(全銀協)

 

信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合、政府金融機関などが加盟。

 

他にも銀行系消費者ローン及びクレジット会社や保証会社、保証協会が加盟しています。

 

・株式会社シー・アイ・シー (CIC)

 

主に信販系、流通系、メーカー系、銀行系のクレジットカード会社が加盟。

 

また、自動車ディーラーや保証会社なども加盟しています。

 

・全国信用情報センター連合会 (全情連)

 

消費者金融専業者が加盟。

 

また、一部の信販会社も加盟している。

 

・株式会社シーシービー (CCB)

 

信販系、流通系、メーカー系、銀行系のクレジットカード会社、消費者金融、保証会社などが加盟。

 

・株式会社テラネット(テラネット)

 

信販系、流通系、メーカー系、銀行系のクレジットカード会社、銀行系ローン会社、消費者金融会社が加盟。

 

テラネットでの信用情報は全情連の情報がもととなっているので、一部同様の情報が見れる。しかし、貸付残高だけは見れない。

 

 

これらの信用情報ですが、氏名・生年月日・電話番号・勤務先などの個人情報や、他社での残高・返済回数・契約商品(各種ローン)などの借入情報などが登録されています。

信用情報の利用と登録期間

どんな場合にチェックされるの?

 

主に各種ローンの申し込みの際や金融機関から借り入れをする時、キャッシング付きのカードなどの申請の際などに多く利用されます。

 

また、最近では携帯電話購入の際の、分割払いの申し込みなどでも利用されます。

 

このように様々な情報が登録されるわけですが、例えばお金を借りた場合などはどう扱われるのでしょうか?

 

滞り無く完済し契約が終了すれば「終了」と登録されます。

 

カードローンや貸付枠設定型の場合には、残高がゼロ円でも解約するまで登録されます。

 

なお、延滞などの場合には、金融事故として「事故情報」「異動情報(CIC)」などと言われ、事故登録がされます。

 

また借金を契約どおりに返済しなかった延滞以外にも、代位弁済、債務整理、自己破産、手形等の不渡の発生等についても金融事故として情報が登録されます。

 

そしてこの事故情報は、全銀協・CIC・全情連が提携して結んだ、“CRIN”というシステムを使って共有しています。

 

このシステムでは氏名・生年月日・性別・郵便番号・住所・電話番号・勤務先・勤務先電話番号などの情報が登録されて共有されています。

 

ここで気になるのが事故情報の登録期間です。

 

それぞれの信用情報機関によって多少の違いがありますが、一般的な期間を説明しておきます。

 

延滞や債務整理などは5年となります。

 

また、自己破産は7〜10年ほどです。

 

つまり、この期間中の借り入れは難しく、クレジットカードなども持てないでしょう。

 

ですが、5〜10年後に記録が消えた時には再び借り入れができます。

 

一人で悩んでいるならまずは相談【一覧はこちら】