このエントリーをはてなブックマークに追加  

毎月の返済を減らした結果

3000万円の一戸建てを購入し、住宅を購入する際の借り入れを利用しました。

 

私は30年での返済計画を立てる時に、ボーナス払いを併用することに。
更に、ボーナスの支給が多かったので、ボーナス払いの割合を多くしたプランを立てもらいました。

 

プランを立てたときは、ボーナス払いを増やせば毎月の返済額が少なくなるので楽な気がしました。

 

そこで、3000万円の住宅を購入する際の借り入れ返済のうち、50%をボーナスでの返済としてもらいました。

 

すると、ボーナスなしでの毎月の支払い額は約13万だったのに、約6万3000円となったのです。

 

因みに、ボーナス払い月は約44万円でしたが、年間120万のボーナスがあったので、それほど不安もありませんでした。

 

しかし、ボーナスというのは、会社側にしてみると経済情勢や会社の業績次第でカットしやすいものです。

 

けれどそんなアドバイスを購入の際に受けたわけでもなく、自分では予想さえしませんでした。

業績悪化でボーナスが大幅ダウン

もしボーナスがカットされたら、ダウンしたらと初めに考えていたらよかったのでしょう。

 

しかし、そんな考えがなかった私は、家計さえも困難な状況になるとは思いもしていませんでした。

 

返済が始まってから8年後の事でした。

 

まだ約1700万円のローンが残っていた時です。

 

会社の業績が悪化して、ボーナスが半分以上カットされました。

 

それでも貯金でどうにかしのげました。

 

今年だけだろうと思っていたのですが、翌年も業績は回復せずボーナスもカットされたままの状態でした。

 

1年間のボーナス払い分は約88万円でしたから、貯金は一気に減ってしまいました。

 

これ以上貯金を切り崩せない状態でした。

 

しかし、更にその翌年のボーナスは20万円くらいしかもらえませんでした。

 

貯金はすでにない状態、ローンを返せるあてはありませんでした。

 

かと言って、お給料からは子どもの保険や幼稚園代、生活費などが引き落とされていたので、余裕もありません。
滞納する結果となり、ボーナス頼みの住宅を購入する際の借り入れ計画は失敗したことになりました。

 

残りの1400万円のローンについて銀行に相談に行きました。

 

ボーナス払いをなくしてもらい、毎月約8万円弱の返済プランを提案されて変更してもらいました。

親身になって相談にのってくれたお陰で、どうにか今は返済が遅れずに出来ています。

 

しかし、住宅を購入する際の借り入れを組む際にアドバイスがあったなら、焦る事もなかった気もします。

 

結局は自分のプラン設計が出来ていなかった結果ですが、ボーナス頼みの借り入れ返済は危険でした。

 

ボーナスは簡単にカットされるということが分かっていなかった…

 

そこで今回の私のケースを教訓にして、

 

  • ボーナス払いは融資額の3分の1以内
  • 毎月の返済をベースに考える

 

というような、安全な返済プランを立てたほうがいいでしょう。

 

任意売却 専門家はこちら