このエントリーをはてなブックマークに追加  

思いがけない事態は突然やってくる!

誰もが豊かで穏やかな生活を送りたい!

 

そう願っている事かと思いますが、実際にはそうはいかないのが現実だったりすることでしょう。

 

それでも普通の生活を送れる事が幸せだと感じ、買いたい物は何でも買うのではなく、貯金したり何かを我慢したり、節約なんてことをしながら生活している人が殆どですね。

 

このように多くは望んではいないのに、それでも思いがけない事態、不幸とも思えるような事態は足音立てずに急に、準備なく訪れてきます。

 

それはほんの些細な事だったかもしれませんし、あなたの善意が原因になってしまった、目標を実現するための行動だったかもしれません。

 

しかし、そんな予想も出来なかった事によって、いとも簡単に自分の生活が一転してしまう場合も多くあります。

 

あげくの果てには夢だったマイホームをあっと言う間に手放す事になるケースも少なくありません。

 

2012年9月時点での住宅ローンの債務者は約23万件(3兆6千億円)、住宅を購入する際の借り入れが払えず競売になるというケースは年間5万件以上。

 

これが私たちの住む日本で今実際に起きている現実です。

さて、あなたの今の状況はどうでしょうか?

「うちは大丈夫」自信を持ってそう言えますか?

 

何が原因になるかは分かりませんし、自宅や不動産を手放さざるを得なくなった人も同じように「うちは大丈夫」と思っていた事でしょう。

 

不安をあおるわけではありません。準備しておいてほしいのです。

 

ご自分の今の状況を冷静かつ客観的に把握してほしいのです。

 

それに既に苦しいと感じ始めている人ならば、同じような悩みを持ち苦しんでいる人は多くいます。

 

あなただけではないと知ってほしい。

 

景気が悪い時代だけでなく景気がいい時代でも、どんな時代であっても自分の想いとは裏腹に住宅ローンに苦しんでしまう人や借金を抱えてしまう人はいるんです。

 

ここでは具体的にどんな事が原因となって住宅ローンを滞納するようになってしまったのか?

 

いくつかの事例をご紹介していきます。

 

任意売却 専門家はこちら


住宅ローン滞納はこうして始まった【任意売却の知恵袋】記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加