このエントリーをはてなブックマークに追加  

低利または無利子での資金の貸し付け制度とは?

金融経済情勢の悪化や改善しない状況の中で、安心して暮らせない方は多くいます。

 

また、それらの方が消費者金融などから借り入れて多重債務となるケースも多くあり、生活保護を受けるなどの現状はなかなか改善されません。

 

そこで、低所得者世帯などを救うために、「生活福祉資金貸付制度」という福祉制度が各都道府県・特別区・市区町村の社会福祉協議会において実施されています。

 

 

では、この生活福祉金貸付制度とは?

 

これは低所得者世帯・障害者世帯・高齢者世帯などを対象とした貸付制度です。

 

上記のような世帯に対して、

  • 低利または無利子での資金の貸し付け
  •  

  • 必要な援助指導

 

を実施しています。

 

この目的は、経済的自立・生活意欲の助長促進・在宅福祉や社会参加を図る事であり、

 

安定した生活を確保することが目的とされています。

 

このような福祉制度を利用する事も金銭問題を抱えないための一つの方法です。

 

知らなかった人も多いかと思いますので、詳細を紹介しておきます。

どんな場合に利用できるの?利用方法は?

対象は、@低所得者世帯A障害者世帯B高齢者世帯となります。

 

貸付要件については各福祉協議会によって多少異なります。

 

ここでは厚生労働省の生活福祉資金貸付制度に基づいて説明しておきます。

 

低所得者世帯

必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)。

 

障害者世帯

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者(現に障害者 自立支援法によるサービスを利用している等これと同程度と認められる者を含む)が属する世帯。

 

高齢者世帯

65歳以上の高齢者の属する世帯(日常生活上療養または介護を要する高齢者等)。

目的別の貸付額

次に貸付額ですが、貸し付けを受ける目的によって異なります。

 

生活支援金

 

生活再建までの間に必要な生活費用として、月額20万円以内を12ヶ月
(単身月額15万円以内)

 

住宅入居費

 

敷金等、住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用として40万円以内

 

一時生活再建費

 

生活を再建するために一時的に必要かつ日常生活費では賄うことが困難となる費用として
60万円以内となります。

 

この貸付限度額や利率、据置期間、償還期間などは各福士協議会によって異なる場合もありますので、詳しくは各自治体などにお問い合わせください。

 

また、相談や申し込みの手続きは各地区の民生委員、または市区町村の社会福祉協議会が窓口となっています。

 

一人で悩んでいるならまずは相談【一覧はこちら】