このエントリーをはてなブックマークに追加  

夫婦で家を購入したはいいけれど…離婚する際はどうなるの?

離婚するとなると財産分与はどうなるの?

 

2人で買った家はどうしたら?

 

住宅を購入する際の借り入れを夫婦で連帯債務している!

 

名義が私になっている!

 

などなど…

 

離婚に際してはこのような問題をどうするべきか?悩むところですね。

 

別れるんだし、後腐れなく終わらしたい、という気持ちは強いでしょう。

 

気持ちを切り替えてスタートするためにも、きちんとした解決が必要ですね。

 

 

さて、住宅ローンを組む時には幾つかのケースが考えられます。

 

  • 夫または妻が支払い−不動産名義は夫婦
  •  

  • 夫または妻が支払い−不動産名義は夫または妻だけ
  •  

  • 夫または妻が支払い、妻または夫が連帯保証人−不動産名義は夫婦
  •  

  • 夫または妻が支払い、妻または夫が連帯保証人−不動産名義は夫または妻だけ
  •  

  • 夫と妻が連帯債務者−不動産名義は夫婦
  •  

  • 夫と妻が連帯債務者−不動産名義は夫または妻だけ

 

では、こういった場合、夫が出ていくか?妻が出ていくか?名義はどうするか?

 

連帯保証人を解除できるか?連帯債務者を解除できるか?などの問題が起こります。

 

具体的には専門家に相談に乗ってもらい、対策を練るのが一番です。

 

ここでは幾つかのケースを考えて説明しておきます。

離婚に伴う家の問題−Q&A

一つのケースとして、不動産の名義が夫、もしくは夫婦共有名義となっている場合の問題について説明していきます。

 

夫が家を出て、妻(と子供)がそのまま住み続けるケース

この場合は夫の持分を財産分与によって妻が譲り受け、妻の単独名義とすることが可能です。

 

しかし、問題は住宅ローンの支払いが残っている場合です。

 

ローン先の金融機関の承諾が必要となります。

 

そして基本的には金融機関はこの所有者名義の変更に承諾してくれないのです。

 

妻に安定した収入などがあれば、妻が新たに借り入れ(借り換え)をして可能となる場合もあります。

 

夫がそのまま住み続ける場合

住宅を購入する際の借り入れの契約者である夫がそのまま住み続けることは特に問題がありません。

 

離婚に伴い不動産を売却する。売却によって住宅を購入する際の借り入れを返済する場合

ローンが売却価格で完済となるなら問題ありません。

 

ここで問題なのは売却後もローンが残った場合です。

 

そしてローンを組むときにつけた抵当権がついたままでは売れないのが実情です。

 

そこで、この抵当権を解除するために交渉し、住宅を購入する際の借り入れを残したまま抵当権を解除してもらう。

 

つまり、任意売却することになります。

 

また、売却後に残る債務についても支払いをどうするか、事前に話し合いが必要です。

 

任意売却 専門家はこちら

 

妻がローンの借り換えをして住み続ける。名義も妻に移す場合

妻に安定した収入があり、住宅を購入する際の借り入れの借り換えができるなら、問題ありません。

 

なお、借り換えの審査も簡単ではないので、専業主婦やパート勤務では不可能と言えます。

 

名義も支払いも夫のままだが、妻が住み続ける場合

住宅ローンの契約者は夫なので、夫が家を出るというこのケースは金融機関が難色を示します。

 

その結果、住宅を購入する際の借り入れの残金の一括返済を請求してくる事もあります。

 

また、仮に認められても夫が返済を滞ると金融機関は抵当権を行使してきます。

 

最悪の場合は追い出される事になります。

 

ましてや妻が連帯保証人になっている場合には、妻にも請求がきます。

 

このケースを選択する場合には、夫が離婚した後にローンを滞納した場合の事も考えておくべきでしょう。

 

また、一つのアドバイスとしては、離婚後の夫の滞納によるトラブルは多くあります。

 

後になって連帯保証人の妻が慌てて相談に来るといったケースです。

 

また、離婚した後に売却するケースもトラブルも多いのが現状です。

 

共有持ち分となっていて、相手の同意を得られないなど…

 

このようなトラブルを回避するためにも、離婚の際に売却してしまう!

 

という選択も後腐れなく別れるための手段かと思います。