このエントリーをはてなブックマークに追加  

せっかく再スタートをきったのに…なんて事にはならないで!

例え今が借金苦であったとしても、どうにか解決はできる!

 

本当!?と思われるでしょうが、日本ならそれが可能です。

 

しかし、条件はあります。

 

一つは、新たな第一歩、新たな生活を継続して出来る覚悟があるか?

 

実は、この継続していくことがとても難しいのです。

 

今なぜ借金苦に陥ったのかを考えて下さい。

 

収入減?病気?事故?浪費?…、事情は様々でしょう。

 

しかし、どんな事が起きても備え・対応・対策・見直しさえできていれば状況は変わっていたかもしれません。

 

実際に同じような境遇にあわれたからといって、全員が借金苦になっているとは言えませんね。

 

私の場合はどうにもならなかった?

 

ここは少し厳しくいいますが、本当にそうでしょうか?

 

もっと何か対策を打てたのではないですか?

 

別に追いつめているわけではありませんよ。

 

一度失敗した経験を生かしてほしいのです!

 

同じことを繰り返さないためには何が必要かを整理してほしいのです。

 

また同じ境遇になってしまう可能性だってあるんです。

 

そうなった時、また同じ道を選びますか?

 

同じ道を歩くのは辛いはずです。

 

だからこそ、再スタートを切る前に、先の覚悟をしておかなくてはいけません。

 

そして具体的な生活設計をしておく事も必要です。

 

これらの準備をしておかないと、こんなはずではなかった…と後悔する事になってしまいます。

 

 

一人で悩んでいるならまずは相談【一覧はこちら】

再スタート後に後悔したケース&トラブル

繰り返す浪費生活

例えば自己破産したケースなどに起こりやすいのがこのケース。

 

自己破産すると債務はゼロ(租税公課などを除く)となります。

 

その期間はわずか1年もかかりません。

 

今まで借金を抱え苦しんでいた自分が解放されるのです。

 

普通なら二度と繰り返さないと収入に見合った生活を送るべきです。

 

しかし、借金から解放された事によって、自分を反省する事を忘れてしまう人が多くいます。

 

反省や見直す期間が短かったのかもしれません。

 

どちらにしても、以前のような生活はやめなくては自己破産した意味がありません。

 

一度自己破産してしまうと、7年間は自己破産はできません。

 

また、通常の場合には貸金業者からも一定期間お金を借りられません。

 

きちんと生活を見直して下さい!

 

借り入れができない

債務整理や自己破産をすれば、一定期間貸金業者から借り入れができません。

 

きちんとした家計の再建が出来ない方が多くいます。

 

またお金に困ったからといっても、、以前のように簡単には借金できないのが実情です。

 

そもそも、家計を見直して、もう借金などする必要がない生活をして下さい!

 

悪質業者に手を出した

債務整理や自己破産、延滞などをしてしまうと事故情報として登録されます。

 

これにより、一定期間借り入れができない状況となります。

 

しかし、悪質業者はその情報を利用して、狙ってくるケースもあります。

 

利息制限法を超えた金利での貸し付けには手を出してはいけません!

 

収入がなく生活が困難

まずは生計の見直しです。

 

それでも困難となるなら社会福祉制度の利用を考えましょう。

 

任意売却・競売後の残る債務が払えない

残る債務については支払いの義務が生じます。

 

そのまま放置すれば給与差し押さえなんてことも起こります。

 

売却後、途中で支払えなくなった場合も同様です。

 

その場合には、債務整理を考えるべきです。

 

弁護士や司法書士に相談しましょう。