このエントリーをはてなブックマークに追加  

保証人と連帯保証人は異なる

よく「保証人にだけはなってはダメ!」と聞いたり、言われたりしますね。

 

保証人と一言でいっても、「保証人」と「連帯保証人」とあり、全く異なります。

 

では何が異なるのか?

 

それは責任の度合いです。

 

まず「保証人」についてから説明します。

 

例えば、Bから100万円を借金したAがいるとします。

 

Aが借金したのですから、BはA本人からの返済を求めます。

 

しかし、もしAが返済してくれない場合を想定して、BはAに保証人Cをつけました。

 

この場合、Bは保証人であるCに対しても返済をするように求めることができます。

 

しかし、保証人Cは本人Aから先に取立てをしてくださいとBの求めを断ることができます。

 

更に具体的に言うと、Aは100万円を借金したうち50万円だけは返済できたとします。

 

残りの50万円が支払い出来ない場合には、保証人Cは残りの50万円の返済義務を負うことになります。

 

では保証人が1人ではなく2人いた場合。

 

保証人は残りの50万円の半分の25万円をそれぞれが返済の責任を負います。

 

では「連帯保証人」の場合を説明します。

 

例えば、AはBから100万円を借金して、その際に連帯保証人Cをつけたとします。

 

連帯保証人であるCは借金をしたAと同等の責任を負うことになります。

 

つまり、BはAにもCにも返済を求められ、Cは本人であるAから先に取立てをして下さい、とは断れないのです。

 

ですから、お金を貸したBがAよりもCからの方が回収できると思えば、Cを先に取立てることができます。

 

Cにしてみれば、自分が借金したわけじゃないのに…

 

しかし、これが連帯保証人です!

 

なお、連帯保証人が2人(CとDとします)いた場合はどうなるか?

 

Aが借りた100万円をCとDは同等の100万円の返済義務をそれぞれが負います。

 

つまり、連帯保証人が2人いたとしても、100万円の半分の50万円ずつというわけにはいきせん。

 

これが保証人と連帯保証人の違いです。

 

つまり、「保証人にだけはなってはダメ!」とは、連帯保証人のことです。

 

連帯保証人=担保です

連帯保証人がつくケースとしては、たとえば住宅ローンや自動車ローンを組むときです。

 

お金を貸すほうは、返済をしてくれなかった場合を想定して、連帯保証人をつけます。

 

また、それらのローンの場合には、購入した住宅や自動車も返済が終わるまでは担保として抵当権などが設定されます。

 

抵当権の場合には、もし返済がされない場合には、抵当権を実行して担保とした住宅や自動車を売却します。

 

売却で得たお金によって貸したお金を取り戻すことができます。

 

連帯保証人も同様です。

 

借りた人が返済できなかった場合を想定して、連帯保証人をつけます。

 

そして本人の代わりにお金を返してもらいます。

 

ですから、連帯保証人を辞めたいからと言って簡単に辞められる事ではありません。

 

そもそも連帯保証契約は、お金を貸してくれた人をA、借りた本人をB、連帯保証人をCとすると、AとCとの間で交わしている契約です。

 

Aの承諾なしに、Cの都合だけで解除できません。

 

ましてやお金を借りたBが勝手に解除出来るものでもありません。

 

それなら、連帯保証契約はどうやったら終了するの?

 

何のためにAは連帯保証人をつけたのか?そこがポイントです。

 

貸したお金を担保するためですね。

 

つまり、貸したお金が回収できるまでは連帯保証契約は継続します。

 

他に連帯保証人になってくれる人を差し出せば、交渉次第では可能でしょう。

 

連帯保証人はなんでNOなのか?

 

ここまでくれば分かるかと思います。

 

ましてや自分が経済的に困難な時などは、絶対にNGです!

 

【一覧はこちら】任意売却のことなら専門家へ