このエントリーをはてなブックマークに追加  

一番注意が必要な点とも言えるのが、住宅ローンの残りの債務!

例えば、住宅を購入したはいいが、住宅ローンを滞納してしまった場合、やむを得ず任意売却することも考えなくてはいけません。

 

ここで、注意が必要です。

 

売却後を楽観視している方が少なくありませんが、それはまだ早い!

 

というのも、住宅ローンの残りの債務が多く残っている場合、売却しただけでは足りず売却代金が借り入れの債務に満たないケースもよくあります

 

そうなれば、当然、債権者は残りの債務について請求してきますし、その権利があります。

 

不動産の売却では、あくまでも任意売却によって抵当権を抹消したに過ぎないわけで、抵当権という担保がない無担保の債権は残るのです。

 

大切な不動産を手放したにもかかわらずそんな…

 

という心情もお察ししますが、「債務だけが残る」ということが現実には起こっています。

 

ですからご自分の判断だけで任意売却を決めるのは危険です。

 


債務が残りそうな場合には、事前に以下の点を考えておかなくてはいけません。

 

残額がいくらになるか?
その後の債務をどう返済するか?
残債務が多額になってしまう場合にはどうするか?

 

そこで、任意売却については弁護士に相談することをオススメします。

 

任意売却となれば不動産業者と思われるでしょうが、一般の不動産屋さんでは任意売却は難しいところです。

 

それに債務が残る場合には、分割案の提案や交渉、場合によっては自己破産も視野にいれなければいけません。

 

そうなるとやはり弁護士がベストです。

 

弁護士は不動産の売却に関しても、その仕事上から任意売却業者とも連携しています。

 

住宅ローンでお悩みの場合には弁護士に相談してみましょう。

 

任意売却 専門家はこちら

残りの債務って毎月いくらくらい?

任意売却を考える中で、残りの金額(住宅ローン債務)がいくらかになるかはとても重要です。

 

しかし、ケースバイケースですから、毎月の返済がいくらになるかの明確な金額はここではお伝えできません。

 

ですが、任意売却後の残債務の支払いついて参考にしていただきたい情報はあります。

 

例えば、住宅ローンを8万、10万と支払っていた場合、残りの債務についても同様の条件で分割払いとなるのか?という心配をされる方がおります。

 

まず、残りの債務をどのように返済するかについてですが、債権者との交渉の余地があります。

 

無理のない範囲で毎月1万や2万円程度などを提案してみてください。

 

なお、弁護士に依頼した場合には、このような条件での提案をしてくれます。

 

また弁護士の交渉次第では、あまりにも残りの債務が多額で毎月の支払額も多額となる場合には、月々に支払える額をもとに債務を減額してくれる事もあります。

 

ただし、債権者も債権を回収しなくてはいけませんから、必ず応じてくれるとは限りません。

 

また、この交渉については任意売却業者ではする事ができません

 

なぜなら、債務に関する交渉に関しては法律事務にあたり、弁護士しかできない業務となっているので、任意売却専門業者や不動産会社などが代理人として交渉することができないのです。

 

因みに、わざわざ弁護士に頼まなくても自分で!と思われるでしょうが、債権者よりも立場の弱いあなたが相手の嫌がる減額交渉をしたとことで相手にはしてくれません

売却後の生活も考えて任意売却を決める!

このように任意売却後の残りの債務については見落としがちなところであります。

 

売却後の残りの返済が月額数千円や1万円などの支払いで済むような場合にはそれほど負担にはならずに済むでしょう。

 

ただし、仕事がない状況やできない状況などで数千円や1万円でさえも生活費から算出できない場合、売却後の債務が数百万と残るような場合にはそもそも任意売却という方法を考え直したほうがいいでしょう。

 

この場合には他の方法で解決していかなければいけないことになりますが、その判断も含め、弁護士は的確にアドバイスおよびサポートをしてくれます。

 

売却せずに個人再生という方法もありますので、一度弁護士の無料相談を受けてみてください。