このエントリーをはてなブックマークに追加  

リースバックとは?

住宅を購入する際の借り入れを滞納してしまい、任意売却や競売などの恐れが出てきた場合、それでも自宅に住み続けたい方の手段として“リースバック”という方法があります。

 

買い戻しにも似た方法ですが、買い戻しの場合は親子間・親族間・友人などに売却してもらい自宅を守る方法です。

 

リースバックでは「他人」である第三者に自宅を購入してもらい自宅を守るということになります。

 

そこで第三者として考えられるのは、不動産投資家や任意売却を扱う専門業者などであります。
任意売却の専門に扱っている業者【ハウスドゥ】

 

売却してもらうので所有権は手放すことになりますが、売却してもらった第三者との間で賃貸借契約を結び、今の自宅に住み続けるという事になります。

 

 

ここで一つ注意ですが、賃貸借契約を結ぶわけですから、家賃が発生して支払う事になり、その賃料は周辺の相場を基準にして話し合うという形になります。

 

ですから、収入がない方には残念ですが無理な提案となり、一定の収入がある方のみに提案が可能となります。

 

また、将来的に買い戻すことは第三者との話し合いにより可能でもあり、契約の中で買い戻しについての特約を結ぶことができます

リースバックする意味とは?

その家に住んでこられた方なら、誰もが自宅を手放したくないと思われるかと思いますが、その理由は様々でしょう。

 

例えば

  • 子供の学校の環境を変えたくない
  • どんな形であっても住み慣れた家に住み続けたい
  • 店舗兼自宅なので引っ越すことを考えられない
  • 住宅ローンで悩むより家を売却して資金にしたい

 

このように考えられている方も多くいるでしょう。

 

そんな際にはリースバックする事があなたのメリットになると言えます。

 

また、親子間や親族間での買い戻しで親や子が新たに住宅を購入する際の借り入れを組む場合

 

銀行など金融機関の考え方として

 

  • 「家や土地などの不動産は“相続”や“贈与”で取得するもの」
  • 「子供(親)が新たに金利の安い借り入れを組んで別の使途に利用される可能性がある」

 

という考えがあるため、住宅ローンを使う事が難しくなります

 

このような事も含めると、第三者によるリースバックでの不動産の確保の方がスムーズに行えるというメリットもあります。

 

ただし、買い戻しにしてもリースバックにしても、どこの業者でも簡単ではない点は忘れないで下さい。

 

任意売却 専門家はこちら

 

親子間の住宅を購入する際の借り入れを利用するための金融機関とのやり取りや、第三者としての買い手を見つけるノウハウなど、十分な実績があってこそ可能となるわけです。

 

ですから、任意売却の専門業者という事だけではなく実績や経験、ノウハウを兼ね備えた専門業者に相談する事が重要となります。
任意売却の専門に扱っている業者【ハウスドゥ】

投資家など第三者との売買にるリースバックに関連するページをご紹介

親子・親族・友人間での売買