このエントリーをはてなブックマークに追加  

“買い戻し”で自宅に住み続ける方法

住宅を購入する際の借り入れの返済が困難となり、競売や任意売却への道が濃厚になってきた場合

 

例えば親族や友人などに相談して、余裕があって一度買い取ってもらえれば、所有権は親族や友人に移動したにしても、話し合いのうえでその家に住み続けることが可能となります

 

そして生活が落ち着いて一度手放した家を買い戻せる時がきた場合には、親族や友人から家を再度購入(所有権の移動)して自分のものにすることもできます。

 

これを“買い戻し”と言いますが、親子間だったなら新たな所有者は親・子供になるわけですから、そのまま住み続けるだけでいいのであれば、わざわざ買い戻して所有権を移動させる必要も無いということも考えられますね。

 

ですから、まずは親か子供に相談するべきでしょう。

 

一人で悩んでいるならまずは相談【一覧はこちら】

 

また、親族や友人にしても理解のある方を見つければ、売却後もそのまま住み続けさせてもらい、買い戻しが可能になった際には、買い戻して所有権を自分に戻せばいい、という点では買い戻しは得策なのかと思います

 

その場合、親や子・親族や友人がとても裕福で一括で売却してくれた場合には、すぐに銀行などの債権者に弁済ができますが、一括で払えなければ住宅を購入する際の借り入れを新たに組んでもらう必要があるのであなたの返済を肩代わりしたのと同じですね。

 

この場合は買ってもらった負担を考えて、借入分を家賃として渡すなど、お互いに負担のないように調整しなくてはいけません

 

これは一括で支払ってくれた場合も同様で、買い戻す意思があるにしても無いにしても、最低限の家賃などを話し合って調整する必要があるでしょう。

簡単なようで簡単には出来ない!

その理由の1つとしては親子間売買は通常の任意売却より費用がかさむ点であり、親子間売買や身内間売買は手数料計算が異なり割高になります。

 

また、簡単だと思われがちな親子間や親戚間の不動産売買ですが、街の不動産屋さんでは無理でしょう。

 

任意売却でもそれなりの専門知識が必要ですが、親子間売買は更に専門性が必要となりますので専門家に相談するべきです。

 

更に親や子、親族間での売買で新たに住宅を購入する際の借り入れを組んでもらう場合、通常の銀行の借入を組むのに苦労する場合が多くあります。

 

特に親子間での買い戻しでは大手の金融機関などではまず融資が不可能となるでしょう。

 

同じように親族間でも買い戻しの場合には断られるケースが多く、これは金融機関とローン保証会社との保証に関わる契約によるものです。

 

その契約の一例として、「貸付対象物件の売主が申し込み本人の配偶者、親、子のいずれかである場合、保証の対象とならない」 というような項目が有ります。

 

つまり、「夫婦間や親子間の不動産売買には融資しない」という旨の記載があるのです。

 

 

こういう条項を定めている背景には、中には自宅を売却すると偽って今よりも金利の安い別の住宅を購入する際の借り入れを利用してお金を借り、ローンの返済以外の別の用途に使われる可能性が考えられるからです(親に融資したはいいが、子供の借金の返済に充てたなど)。

 

また、一般的に金融機関や保障会社の考え方としては、親子間、親族間の場合での所有権移転について、相続か贈与が一般的だと考えるべきであるなど、親子間・親族間での売買はおかしいという理由などがあります。

 

そのため親子・親族間での売買による住宅を購入する際の借り入れの融資が厳しくなっています

 

このように“買い戻し”とは、得策ではあるものの、様々な障害があるのも事実であり、特に親子・親族間では費用が高い、ローンが組みにくいなど困難とも言えます。

 

その不動産を守ることにどんな価値があるのかどうかは本人だけが知り得るところです。

 

業者によっては面倒だし障害ばかりで不可能に近いなどと言って、何の得にもならないと言われる業者もあります。

 

本人が望むのであれば可能な限り尽力するのが本物の業者と言えるでしょう。

 

そういった意味でも、あなたの為に尽力を惜しまない本物の業者を見つけられるかどうかが、ポイントとなるでしょう。

親子・親族・友人間で売買するリースバックに関連するページをご紹介

投資家など第三者との売買