このエントリーをはてなブックマークに追加  

自分の状況を見極めよう!

住宅を購入する際の借り入れが払えない状況となり、返済に困っている人のタイプには大きく分けて2通りあります。

 

@住宅ローン以外の借金はないが、減収や何かしらの原因によって住宅を購入する際の借り入れの返済が苦しい

 

A住宅ローン以外の借金もあり、その借金さえどうにかなれば住宅を購入する際の借り入れが払える

 

この2つの状況に分けて考えたとき、自分がどういう状況なのかまずは見極めて下さい

 

ではどうにかして家を守りたい場合、可能なのは@のタイプか?Aのタイプか?

 

@の場合

 

そもそも今の状況ではその住宅を購入する際の借り入れは身の丈にあってないものと言えます。

 

そのまま続けてしまえば他にも借金が増えてしまう可能性もありますし、住宅を購入する際の借り入れを組んだ銀行や債権者から任意売却や競売を考えるように求められるでしょう。
 
Aの場合

 

借金さえ整理できればそれなりの収入もあり住宅を購入する際の借り入れが返済できる状況なのです。

 

ですから債務整理で借金を収縮したり、民事再生という法的な手段によって借金を収縮&整理したうえで住宅を購入する際の借り入れの返済をしていくという手続きが利用できます。

 

Aの詳細については、脱・借金地獄!債務整理と破産のところのマイホームを守り借金整理する方法で詳しく説明しています

 

これだけを見てみるとAの場合のみが自宅を守れる状況だと思われるでしょう。

 

しかし、
@の場合も自宅を守る事を可能にする手段は残っています

それが、買い戻し・リースバックという方法です!

 

一人で悩んでいるならまずは相談【一覧はこちら】


買い戻し・リースバックとは???

住宅を購入する際の借り入れの滞納が続くと、債権者である銀行や消費者金融はどうにかしてお金を回収しに動きます。

 

当初銀行などで住宅を購入する際の借り入れを組む際には、大きなお金を借りるかわりに不動産(家)などを担保にしてローンを組んでますよね。

 

あなたの土地や建物の登記簿謄本などを見ると分かるのですが、銀行など債権者によって抵当権と言われる権利が設定されているはずです。

 

この抵当権は、滞納が続くようなことなどが起きた場合のために設定されるものであり、借入を組んでお金を借りた人が本来交わした契約(住宅を購入する際の借り入れの返済契約)を守らなかった時には、権利を実行していいことになっています。

 

簡単に言えば、「貸したお金を返してくれないなら、担保にした不動産を差し押さえて売却するよ」って意味です。

 

 

ですから、銀行などは任意売却や競売を進めてきたり、応じなければやむを得ず本人の承諾なくして競売の申立てをする事になります。

 

つまり、いくら嫌だと言っても聞いてもらえず、所有権は他人に渡され、家からも立ち退き・引き渡しを求められます

 

しかし、中にはそんな状況でも家だけは手放したくないと思わる方もいるでしょう。

 

 

子供が卒業するまでは引っ越したくない
高齢の祖父母のためにもこの家に住み続けたい
職場兼自宅なのでこの家を手放したら仕事も出来なくなる

 

 

他にも様々な理由があるかと思いますが、とにかくどうにかして自宅を守り住み続けたいと考える方も多く居て、そういった方のための方法として買い戻し・リースバックという方法があります。

 

ただし、これは簡単なものではありません!

 

ですから「絶対に自宅を残せます」なんていう業者は信用なりませんよ。

 

というのも、“買い戻し”とは、字のとおり一度売ってから買い戻す事であり、例えば親族や友人などに自宅を購入してもらい、一度所有権を移動させて将来その家を再び購入することを言います。

 

リースバックにしても、不動産投資家や任意売却の業者などの第三者に自宅を購入してもらい、所有権が移動した後も賃貸という形で今の自宅に住み続ける方法となります。

 

 

どうしても、どうにかして住み慣れた家に住み続けたいと思われる方には、この2つの方法が提案でき、可能性があればできます。

 

しかし、買い戻しにしてもリースバックにしても簡単ではないというのも現実です。

 

では買い戻しやリースバックについて更に詳しく説明していきますので、あなたの家が残せるのかどうか?参考にしてみて下さい。

 

任意売却の専門に扱っている業者【ハウスドゥ】

銀行の借入れを滞納してもリースバックで自宅を残す方法記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加