このエントリーをはてなブックマークに追加  

自分の置かれている状況を把握することが大事!

既に住宅を購入する際の借り入れの返済が遅れていたり、この先返済が難しいという状況になっている方がするべきことからお話します。

 

住宅ローンの返済が厳しくなったと感じたら、そのままというわけにはいきませんので、まずは住宅を購入する際の借り入れを組んでいる金融機関などに連絡をして、返済方法について相談することをしてください。

 

 

当初組んだ返済計画を変更してもらうわけですが、これはリスケジューリングといい、現在の収入や住宅を購入する際の借り入れの滞納を踏まえたうえで返済計画を組み直してくれます。

 

しかし、収入があまりにも当初よりも下がったり、収入が無い状態、滞納額が多い場合などは、返済方法の変更を断られてしまう可能性もあります。

 

残念ですが、あくまでも全額を返済することが前提ですから、借りた先の銀行などが「この人には返す見込みがない」という判断をされる事もあるわけです。

 

返済方法の変更が断られてしまう、つまり返済が不可能となると、お金を貸している銀行などは代位弁済と言う方法を取ります。

 

これはあなたの債務を保証するために予め銀行などが保障会社という保証人をつけており、返済が不可能になった時点でその保障会社に肩代わりしてもらうことです

 

代位弁済が行われると、当初のあなたの返済相手は銀行だったとしたら、代位弁済によって保障会社が新たに返済相手となります

 

この保障会社は銀行が持っていた権利をそのまま引き継ぐため、あなたに対して一括弁済の請求をしたり、抵当権を行使して競売にすることもできます。

 

ですから、返済方法の変更が出来なかった場合やリスケジューリングをしてもなお返済が厳しくなったり、返済がストップしてしまった時には住宅を売却するという事を考えなくてはいけないでしょう。

 

任意売却 専門家はこちら

決断するのは早めに!

ただ、いくらそういった状況になってしまったからといって、すぐに住宅を売却するという決断をするのが難しいという人が多いのも実情です。

 

しかし、そのままにしておけば解決策は見いだせず、悩んでいる間にも住宅を購入する際の借り入れを組んでいる金融機関などによって競売の申立てがされてしまう事もあるので、やはり早い決断が必要となります

 

また、仮にそのまま放置してしまい、既に競売の申立てがされてしまっている状況の方がいたとしたら…、まだ大丈夫です。

 

金融機関などの債権者にとっても、あなたが売却をする意思があるのならば、その方向にして競売は避けたいと考える債権者が多いのです。

 

これは一般的には競売より任意売却のほうが高く物件が売れる、速やかに解決できるからであり、債権者はなるべく早く少しでも多くの金額を回収したいと思っているからです。

 

ですから、仮に競売の申立てがなされても、法律的にも開札日(入札)の前日までに取り下げれば任意売却は可能となり、不動産を売却して債権者が応じる額を払えさえすれば競売とはなりません。

 

ただし、競売が申し立てられて落札されるまでの期間は約6〜7カ月です。そして任意売却の場合は物件にもよりますが、おおよそ半年で売却できるでしょう。

 

つまり、競売が申し立てられて開始した旨の通知があなたに届いた時点で検討して決断ができれば、競売を免れる可能性は多くありますね。

 

まずは

  • 自分が置かれている状況や内容(債務)などを把握する!
  • 今後どのような事が起こっていくのかを客観的に理解する!

この2つのことがとても重要となります