このエントリーをはてなブックマークに追加  

別れた後に生じるローン問題

マンションを購入する際に、夫が契約者となり妻が連帯保証人となる場合があります。

 

また、夫の収入だけで住宅を購入する際の借り入れが組めず、妻が連帯債務者となることもあります。

 

このような立場になっている場合、離婚をするには注意が必要です。

 

例えばどちらかが借り換えなどをして、マイホームに住み続ける方が支払いをしていくという形であれば、特に問題はありません。

 

しかし、子供がいる場合などによくあるケースではトラブルとなることも…

 

それは、子供の為に妻と子がマイホームに住み続け、契約者である夫が家を出て離婚後も支払いをするという場合です。

 

離婚後、もし夫が住宅を購入する際の借り入れの返済を怠ってしまえば、妻に請求が来るからです。

 

このようなトラブルを防ぐためにも、離婚の際には連帯保証人や連帯債務者を外すというのが理想でしょう。

 

しかし、これは簡単なことではありません!

 

契約は、銀行との間で交わされたものです。

 

つまり、夫婦間の同意だけで変更できるものではありません。

 

現実的にはとても難しいというのが実情ですが、いくつか方法もあります。

 

すぐに諦めず、住宅を購入する際の借り入れの連帯債務や連帯保証人をやめる道を探ってみましょう。

変更するには?

まず、単に銀行にお願いしたところで、連帯保証人や連帯債務の変更を認めてくれる銀行はありません。

 

対策としては、自分に変わる連帯保証人や連帯債務者を用意する必要があります。

 

それも、収入や年齢などの基準を満たす人でなければ認めてくれないでしょう。

 

 

例えば、妻が連帯保証人から外れたい場合、夫の父親にお願いするなどが考えられますね。

 

しかし、親となれば収入があったとしても、年齢的には定年退職間際などとなります。

 

こうなると銀行も認めるのが難しくなります。

 

考えられるとしたら、夫の弟など兄弟にお願いするというのが一つの可能性として考えられます。
連帯債務も同様です。

 

一度、住宅を購入する際の借り入れを組んでいる金融機関へ連帯保証人変更要件などについて相談してみるといいでしょう。

 

任意売却 専門家はこちら

借り換えによる方法

 

住宅を購入する際の借り入れ契約当初、夫の収入が少なく共同債務となっていた場合なら、その後夫の収入が安定し、夫一人の収入でも十分に支払いが出来る場合には借り換えを模索しましょう。

 

借り換えにも厳しい審査がありますが、審査が通れば妻は連帯保証人や連帯債務者から外れる事ができます。

 

違う金融機関で改めて住宅を購入する際の借り入れを組み直してもらえれば、離婚後にトラブルとなることもないでしょう。

 

そして、親などに残りの住宅ローンを一括弁済してもらうのも一つです。

 

親の助けが得られる場合には、住宅を購入する際の借り入れを完済してしまえば当然に連帯保証や連帯債務の契約は消滅します。

離婚する際に連帯保証人をやめたい!可能なの?【任意売却の知恵袋】に関連するページをご紹介

不動産の財産分与計算
住宅ローンの名義変更
住宅ローン控除はどうなる
銀行へ連絡すべきか
不動産の税金について