サッカーの試合中にバックドロップ!傷害罪になりますよね?

スポンサーリンク

スポーツ試合中のやられたらやり返す!法律的な問題は?

プレー中の怪我やトラブル!
17

2月21日、イングランドで行われたサッカーの試合中に、やられたらやり返すと言わんばかりの行為があった。

スポーツニュースでも報じられましたが、一人の選手が相手選手に対してバックドロップをあびせたのです。

事の発端は、相手選手の悪質なファウルでした。

それを受けた一人が怒り狂い、ファウルをした相手選手の腰元に腕をまわして、そのまま持ち上げバックドロップ!

勿論、主審はレッドカードを提示して一発退場させました。

投げ飛ばされた方に対しても、悪質なファウルをしたことへのイエローカード(警告)が与えられました。

さて、このような報復行為はサッカーではよくあることです。

私自身もサッカー観戦をよくするため、実際に取っ組み合いとなりそうな光景や、押し倒したり、足をかけたり、相手の首根っこを掴んだりなど、報復と言えるような行為は何度も見たことがあります。

確かに興奮している状態で試合をしているため、瞬間的にカッとしてしまうことがあるのでしょう。

しかし、だからと言って、やられたらやり返すことが肯定されるはずはありません。

また、スポーツ中には、相手選手やチームメイトにわざとではなく怪我をさせてしまうこともあります。

そこで、これらの場合、どのような法律上の責任があるのか!?

スポーツであろうと報復行為は許されない!

18

スポンサーリンク

まずは、報復ではなく、通常のプレーにおいて相手選手に怪我をさせてしまった場合です。

法律上問題となることはありません!

各スポーツにおいて、選手等の接触などは想定されることであり、各ルール等でも定められております。

私自身も過去にバスケットボールをやっておりましたが、接触プレーが多く、やむを得ず相手に怪我を負わせてしまったり、自分自身が怪我を負ったこともあります。

ですから、通常のプレーの範囲内であれば、お互い様という事もありますし、そのスポーツに参加している時点で、選手としてもそのようなことがあるのは承知の上です。

つまり、誰が悪いとかではなく、法的にはまず問題にはなりません。

しかし、想定できる範囲を超えて怪我をさせた場合や、ルール違反を犯して怪我をさせることは別問題です。

サッカーの先ほどの例でいえば、相手を投げ飛ばそうした行為は、誰が見てもただの暴力行為であり、障害罪に該当する行為ですね。

また、プレーに見せかけて悪意に怪我をさせようとするなども、どう考えても悪質であり、暴力行為と言えます。

このような場合、それらの行為を行った選手は、民事上の不法行為に基づく損害賠償責任を負うと言えます。

更に、それが悪質な行為となれば、刑事事件として、過失傷害罪や傷害罪などとなることもあるのです。

すなわち、スポーツの競技中であろうと、ルールを超えた行為や報復行為は処罰の対象となり、許されないという事です。

そもそも、チームメイトさえも嫌な気持ちになるでしょう。

見ている方も嫌な気持ちになりますよね。

それに、そのような行為があると、いくらチームが勝とうと水を差すことになり、後味が悪い!

くれぐれも選手には、スポーツマンシップにのっとり、ルールの中で勝負をしてもらいたいものですね。

スポンサーリンク

2 Responses to “サッカーの試合中にバックドロップ!傷害罪になりますよね?”

  1. 白兎 より:

    質問させていただきます。
    長文になるのですがよろしくお願いします!

    3ヶ月ほど前にフットサル中に右足関節脱臼骨折しました。
    経緯としましてはスーパービギナーレベルのフットサル大会で起きました。
    その大会のルールではフットサルはスライディング禁止と主審がおっしゃっていました。(のちに人にやらなければいいと言い換えてきました。)
    怪我をさせた相手は腕を使って相手を掴んだり、大袈裟にシミュレーションをと
    り審判を欺こうとしたり、倒れた味方の足を踏んだりとスポーツマンらしからぬ
    プレーをしていました。
    2-1でこちらが勝っている状況でした。
    私はゴール前へ味方からのパスに反応し、走りました。
    ボールに追いつく前にその相手が後ろから追いつくのが見えました。
    全力疾走で走っており、キーパーと1対1の状況でシュートも打てましたが真後
    ろにいたので倒されると思い身体を入れました。その直後真後ろから左足側にあったボールではなく、私の右足にスライディングしてきて倒されました。
    私の足を見てみると足の裏が外側に向いており、救急車で搬送されました。
    相手は氷も持ってくるという応急処置をせず、その場から離れ遠くにいました。
    その後フットサルを続けていたようです。

    診断で右足腓骨粉砕骨折、右脛骨後果骨折、右足足関節脱臼と言われました。
    その4日後手術することとなりました。
    相手側はついカッとなってやってしまったと病院にきました。
    その当時、禁止されているスライディングにカッとなってやったと言われ怪我をすることわかっていてやったのではないかと感じ、とても憤りを感じております。

    またプレートを抜くために今後再度オペをし、仕事復帰まで収入もなく今後フットサルがいつできるかもわからない状況です。本当に辛いです。とても許せませ
    ん。

    相手側は嘘をついたり口先だけで謝っており反省の色が全く感じられません。

    そのような場合、傷害罪になることやお金を払う義務などはないのでしょうか?
    今後調停しようと考えています。

    話を省いて書きました。
    長文ですが、ご返信いただけると幸いです。

    • ganma523 より:

      申し訳ございませんが、私はこのような個別のご相談にお答えできる立場にはありません。
      まさに弁護士事務所へ直接相談すべき内容です
      このような特殊な案件はこのようなサイトから選んでご相談してみてください。
      よろしくお願いします!
      http://cosmetic-tsuruya.com/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ