このエントリーをはてなブックマークに追加  

競売からの逃げ道はないの?

住宅を購入する際の借り入れを滞納すると競売にされるって聞いたことがある!

 

競売って家を取られちゃうって事だよね?

 

無理やり追い出されるなんて…

 

滞納してしまってるけど、どうにかならないのかな?

 

さて、住宅を購入する際に「住宅を購入する際の借り入れが払えなくなる」「遅れてしまう」なんて事は想像もしていなかったでしょうが、いざ滞納してしまう事態に陥ったとき!

 

多くの方は“競売”という不安が頭によぎるでしょう。

 

確かにそのまま滞納を続ければ、債権者によって競売の申立てがされるという事態となります。

 

しかし、実際には競売までの道のりがあるんです。

 

あなたがどのレベルにいるかによって競売を回避する可能性が分かります。

 

競売の申立て通知が来たとしても、逃げ道はまだ閉ざされていません。

 

では競売にならないようにする為には?

 

どんな事が起きたときに何をすれば良いのかを見ていきましょう。

滞納から競売までの道

一度でも滞納をしてしまうと、金融機関からの督促の書面が届きます。

 

「住宅を購入する際の借り入れを支払って下さい」という催促のお手紙ですから、この時点では競売どうこうという話ではありません。

 

しかし、やはり支払うべきものを支払ってないのですから、ローン会社に対して連絡を入れておくべきだと思います。

 

例えば、○○日までに支払います、○○万円だけ支払います、というように支払いの意思がある事を伝えることは大切です。

 

支払いができず、滞納が3ヶ月目に入ると少し状況が変わります。

 

それまで督促状や電話による催促のみで終わっていたところ、3ヶ月目に入ると最終通告が届きます。

 

そこには“期限の利益の喪失”という内容の文章が記載されています。

 

 

期限の利益の喪失とは分割での契約が無効となるという意味です。

 

つまり、残りの住宅を購入する際の借り入れについては「分割ではなく一括で全て支払ってください」「払えないなら抵当権を実行して住宅を売却して返済に充てます」という事になります。

 

この時点に来ると債権者である銀行なども態度が変わります。

 

あなたに支払う意思がないと捉え始めているのです。

 

しかし、すぐに抵当権を実行して競売に持ち込む可能性はまだ低いです。

 

速やかに自分の状況や支払う意思を相手方に伝えることで状況を変えられるでしょう。

 

債権者(銀行など)によっては、返済計画の見直しなどいくつかの提案がされます。

 

提案があったうえ、支払い能力が無いと判断されると“売却”という話になってきます。

 

更に滞納が4ヶ月を過ぎてくると、保障会社へ代位弁済しましたという内容の通知が届きます。

 

代位弁済とは、あなたの債務を違う人(保証会社など)が代わって返済する事です。

 

つまり、あなたの債務を保証会社が代わりに銀行などに返済をしたという事です。

 

この時点から、あなたにとっての新たな債権者は保証会社となります。

 

また、ここまで来ると支払いの意思があるとかないとか関係なくなります。

 

債権者は売却による住宅を購入する際の借り入れの返済を視野に入れています。

 

債権者にしてみれば、「これ以上待てない」という事です。

 

ですから、売却についての話を進めてくるでしょう。

 

任意売却 専門家はこちら

最終手段・・競売

これを無視した場合、債権者の最終手段として“競売”となります。

 

債権者である銀行などはあなたから回収できる見込みがないと判断するわけです。

 

その結果、競売の申立てを行います。

 

あなたの手元には裁判所から「競売申立て通知」が届くことになります。

 

でもまだ「もうお終いだ…」と思われないで下さい。

 

まだギリギリ回避する時間は残っています。

 

競売が申し立てられても、申し立てした債権者によって取り下げは可能です。

 

ですが、取り下げには期間があり、開札日の前日までとなっています。

 

この開札日前日までの期間ですが、申立てからは約半年近くあります。

 

つまり、この期間内に任意売却を完了して取り下げてもらえば競売の回避ができることになりますね。

 

しかし、問題なのは“競売”になってしまうことではありません。

 

競売になろうが、それがあなたが選択したなら後悔はしないと思います。

 

ただ、一般的な実情からみると、競売よりも優位な売却方法は任意売却となっています。

 

何と言っても住宅を購入する際の借り入れを全額返済しなくてはいけないのですから、売却価格がいくらなのかは重要ですね。

 

高く売れればそれだけローンに充当できるのです。

 

自らの手で売却する手段を取るべきだと考えるのが一般的でしょう。

 

といのうも、競売の場合は裁判所が価格をつけるからです。

 

裁判所は市場価格よりも低く設定しますが、文句は言えません。

 

これが競売までの道のりです。

 

自分の現状をよく把握して何をしたらいいのか考えましょう。