このエントリーをはてなブックマークに追加  

将来の家計の状況を考えて、住宅ローンの返済プランを立てよう!

一般的な家庭の住宅ローンと言えば、毎月の返済額は10万円弱または10万円以上かと思います。

 

この金額は、家計全体の支出の中でも一番高額なものになっていることでしょう。

 

また、住宅ローンの返済は20年、30年や35年と長期に渡るものとなります。

 

この先10年後20年後、自分の生活がどうなっているのか?

 

想像した事はありますか?

 

ここ数年だけを見てみても、リーマンショックに東日本大震災などがありましたね。

 

これを想定していた人はいないでしょう。

 

そして、これは経済にも影響し、家計にも響きました。

 

話を戻しますが、住宅を購入する際の借り入れを返済する数十年の間には予期せぬ事が起きたり、家計の状況が一転することもあるという事です。

 

つまり、住宅を購入する際の借り入れプランは必ずしも当初のままのほうがいいとは限りません。

 

また、子供が出来れば進学に伴う学費など、家計の支出の状況も変化しますね。

 

そこで必要なのが家計を見直し、現在、将来を見据えて当初の住宅ローンプランを変更する!ことです。

 

これはとても重要なことです。面倒とは思わないで下さい。

 

では、どのような方法で家計を見直すのか?

 

住宅を購入する際の借り入れプランを変更するか否か決めるのか?

 

家計を見直すノウハウを説明していきます。

 

任意売却 専門家はこちら

我が家の将来の支出を考えよう!

住宅を購入する際の借り入れは長期にわたるため、将来の家計の支出を考えてプランを立てる必要があります。

 

当初の返済プランでは厳しくなってしまう、このままでは返済に遅れが出てしまう。

 

そんな方はプランを見直しましょう。

 

 

そこで、まずは将来の支出を考えましょう。

 

例えば子どもがいる場合で考えてみます。

 

高校進学、大学進学と支出が増える時期が来ます。

 

また、出産前までは働いていた奥様も、出産を機に退職されるなど、家計の収入が減り支出を抑えなくてはいけない時期があるかもしれません。

 

このように長い人生の中で家計の支出がどう変化するか?

 

支出が増える時期、支出を抑えなくてはいけない時期など、ここをまず考えて下さい。

 

この将来の支出をもとに返済プランを見直していきます。

 

しかし、実際には今住宅を購入する際の借り入れしている金融機関でのプランの変更、これは基本的にはできません。

 

よほどの事情やこのままでは延滞してしまうなどの事情があれば別ですが。

 

そこで、借り換えによる返済プランの変更が考えられます。

 

例えば変動金利から固定金利へ変更するなど。

 

また、支出が増える時期など特定の期間だけを固定金利に変更する「固定金利選択型」などが考えられます。

 

更に各金融機関によるキャンペーン金利等を利用するのも一つです。

 

住宅を購入する際の借り入れプランも20年前と現在では異なっています。

 

時代遅れのプランから時代に見合ったプランへの変更も必要でしょう。

 

ただし、借り換えに関しては費用等もかかり、ご自分の判断だけでは難しい場合もあります。

 

失敗しない為にも、

 

  • 各金融機関のホームページにあるシュミレーションなどを上手に利用する
  •  

  • 複数の返済パターンを考え、各金融機関のプランを比較検討する。そのうえで住宅ローンの借り換えを検討しなくてはいけません。

 

住宅を購入する際の借り入れに詳しい方ならご自分で判断できるかと思います。

 

しかし、自分では判断できない、心配な場合には、ファイナンシャルプランナーに相談してみるのがお勧めです。