このエントリーをはてなブックマークに追加  

学生向けのワンルームマンション投資が失敗に…

期待できたマンション投資だったが…

 

私は歯科医師で開業医をしていました。

 

それなりに資産もあって、よく不動産投資の話を持ちかけられていました。

 

けれど、それまではそのような話には興味はあったものの、利益があがらないと感じていたので断っていました。

 

しかし、私が開業している駅の近くに大学が出来ることになった。

 

その駅はこの数年間で一気に開発され、ショッピングモールやマンションも次々と作り、土地も高騰していました。

 

更に医療福祉系の大学ができるとあって期待ができました。

 

そこで私は新築のワンルームマンションを購入することにしたのです。

 

6部屋を同時に購入することにしました。

 

駅近・利便性などを考えたら大丈夫だと思えました。

 

けれどそううまくはいきませんでした。

 

というのも、学生を見込んでのワンルームマンションだったからです。

 

最近の不況によって、親も子供にはあまりお金をかけられません。

 

1人暮らしさせるにも、なるべく安い家賃の物件を選ぶという傾向なのです。

 

しかし、私が購入したマンションは新築で駅近、当然家賃も高くなります。

 

これが原因でなかなか入居者が決まりませんでした。

 

新築マンションでも、ファミリー向けのマンションはあっと言う間に売れて入居者も入っていました。

 

大学が開校されて、2年目も同様でした。

 

空室が2部屋もある状況でした。

 

更には途中で引っ越すことになる人が出てしまい、次の入居者が入らないという事態に。

 

あと2年後には最初に入居した学生が卒業して引っ越すでしょう。

 

そうなればまた空室となる可能性もありました。

 

あまりにも利回りが低く、ローンの返済が重く圧し掛かる状況でした。

 

マンション投資のローンを組む時には、自宅兼歯医者である不動産を担保に入れました。

 

このままでは、最悪職場まで失う事が予想されました。

投資物件の売却

マンション投資は完全に失敗となりました。

 

開業している歯医者は順調だったものの、購入する際の借り入れの支払いがあまりにも多額でした。

 

このまま継続して持ち続けても、費用ばかりがかさみ赤字状態です。

 

売却の専門家の意見を聞こうと相談しに行く事にしました。

 

そして受けたアドバイスがこうです。

 

  • 新築マンションにしてもアパートにしても、既入居の物件となれば物件の価値は下がる
  •  

  • 築年数が増えれば物件の価値は下がる
  •  

  • 今後もずっと満室率を高くしないと利回りが望めない
  •  

  • 売りたい方が多くなっている傾向であり、買う方も利回りを求めている(売却価格が思ったよりも低くなる傾向)
  •  

  • 売却後の残高は自己資金でうめる必要がある

 

これが厳しい現実でした。

 

しかし、結局売却することに決めました。

 

何年か我慢して持ち続けるという道もありましたが、明確な損失を計算してもらい最善の道を考えました。

 

まず、毎月そのマンションの赤字がいくらなのかを考えました。

 

毎月1件にすると3万円の赤字でしたので、6件分だと1年間で216万円の赤字です。

 

次に、売るとなった場合、1700万円で買ったワンルームマンションですが、1100万円くらいが予想できる売値でした。

 

6件分で3600万円の赤字ですね。

 

更にマンションの購入する際の借り入れですが、1件につき1300万円残っている状況です。

 

つまり売却後にも債務は1件につき約200万円、6件となると1200万円が残ってしまう予定でした。

 

このように考えた結果、このまま維持するか売却するかを考えました。

 

しかし、今後の満室率を高く見込めない状況でしたので、

 

このまま維持すれば、最悪担保となっている自宅まで手放さなくてはいけない状況を迎える事になると思えました。

 

また、投資マンションを維持していくデメリットも決め手となりました。

 

  • マンションの家賃低下
  •  

  • 修復・リフォーム費用の確保

 

一気に売却する決断をしました。

 

ワンルームマンション6件分とあって困難が予想されましたが、どうにか解決してもらいました。

 

もちろん私は売却費用として、残債務1200万円のお金を支払う事になりました。

 

ですが、このまま持ち続けていても赤字が増えるばかりでしたから、

 

それは仕方ありません。

 

むしろ、早いタイミングで決断ができてよかったです。

 

的確なアドバイス、それに6件分を売り切ってくれた業者には感謝です。

 

頼りになる専門家一覧