このエントリーをはてなブックマークに追加  

住宅ローンの滞納と売却

ボーナスカット、減給によって収入が減り、住宅を購入する際の借り入れの返済が厳しくなっていました。

 

急な出費が増え、とうとう返済に遅れが出てしまいました。

 

「来月には支払います」と伝えて、承諾してもらいましたが、翌月には収入が増えるという事もなく、やはり厳しい状態でした。

 

結局、また返済分の一部しか払えず、滞納額が増えることに。

 

督促状というのが手元に届き、ローンを組んでいる金融機関に連絡しました。

 

「一度返済方法を見直すので来てください」と提案してくれました。

 

そして銀行へ。

 

しかし、現在の収入や住宅ローンの滞納状況から、返済方法の変更を断られてしまった。

 

どうやら「この人には返す見込みがない」という判断をされたようです。

 

それからも少しずつは返していたものの、滞納額は増えるばかりでした。

 

ついに銀行に見放されたのか、期限の利益喪失という通知が届きました。

 

しかし、何の手だてもなく滞納し続けていると、“代理弁済”という通知が届いたんです。

 

それからはあっと言う間でした。

 

保証会社によって競売が申し立てられ、競売開始決定が届きました。

 

もうどうしたらよいか分からず、不動産業者に相談しました。

 

すると、「競売か任意売却するしかないよ」言われ、専門業者を紹介されました。

 

頼りになる専門家 一覧

リースバックという提案

私はきっと運が良かったのでしょう。

 

紹介された専門業者からいくつか提案がされました。

 

「売却する方法にはリースバックという方法があります」

 

リースバックについてはこうです。

 

不動産投資家や任意売却の業者などの第三者に自宅を購入してもらい、所有権が移動した後も賃貸という形で今の自宅に住み続ける方法です。

 

ただし、これは必ずできるという方法ではないようです。

 

 

購入してくれる投資家や業者を見つけなくてはいけず、簡単ではないとのことでした。

 

不可能を承知のうえでお願いしました。

 

ダメなら通常の売却という方法での解決を説明されました。

 

ダメでもともとですが、賃貸という形でもいいから自宅には住み続けたいと思い、全てを託しました。

 

10人相談に来たら、1人できるか出来ないかという確率だったのですが、

 

本当に運が良かったです。

 

私の場合は、購入希望者が現れたんです。

 

その方に買い取ってもらい、賃貸借契約を結び、住み続ける形になりました。

 

賃貸ですから家賃は支払っていますが、こんな事が可能なのかと喜びました。

 

これは専門業者だからこそ提案できた、可能にできるパイプがあったからこそ実現した。

 

そう思います。

 

自宅を手放す事にはなりましたが、そのまま住み慣れた家にいられる、

 

こんなに素敵な解決方法があったとは!本当に感謝です。

 

任意売却の専門に扱っている業者【ハウスドゥ】