このエントリーをはてなブックマークに追加  

不動産業者が取り扱ってる業務を要チェック!

 

基本的には不動産会社が取り扱うのが一般的であり、任意売却は不動産取引なので、実務は宅地建物取引主任者がいる不動産会社が行うものとされています。

 

さて、ここからが本題ですが、どの不動産会社でもいいのか?という点について説明していきます。

 

私たちが街でよく見かける不動産屋ですが、皆さんもご覧になったことがあるかと思いますが、主に通常の不動産売買や賃貸の仲介をする業務を行っていますね。

 

ここで一つ注意なのが、任意売却は通常の不動産売買や賃貸の仲介などの不動産取引とは異なるものということです。

 

なぜなら、住宅ローンの滞納者である売り主には、本人だけでなくバックに抵当権者という債権者がくっついているからです。

 

この点が一番重要であって、その債権者を全員納得させたうえで買主を見つけ、不動産を売却しなくてはいけないのですから、通常の不動産売買などの実務では成功しないでしょう。

 

また、労多くして功少なしだけでなく、通常の不動産売買や賃貸借業務に比べて専門性や知識が必要となるので、面倒だとも言えるでしょう。

 

言い方は悪いですが、一般業務を主として扱う不動産会社が任意売却を行うには、力量不足ということです。

 

それなら、任意売却専門業者の何がいいのか?

 

選ぶなら大手?個人?それとも…

既に既述したとおり、専門性と知識力、加えて経験とスキルがある業者を本当の専門業者と踏まえたうえで、交渉力・調整力・判断力を備えており、更には専門知識として不動産以外の民法や民事執行法、破産法などの法律知識を併せ持つ業者が専門業者と言え適応能力があると思えます。

 

では大手なら一手に引き受けてくれて、安心できるのだろうか?

 

任意売却においては規模や知名度のある会社がいいとは言えません。

 

それは大手はわざわざ面倒な任意売却という仕事を引き受けなくても、通常の不動産売買や賃貸業務をこなしていく方が業務上も利益上もメリットがあるからです。

 

ですから、それほど詳しいとは言えませんし、それほどの経験もなく、仮に引き受けたとしても通常の業務を優先的に行い、任意売却を後回しにすると考えてよいでしょう。

 

それでは困りますよね。

 

任意売却はスピーディに行うべきですし、大切な不動産を手放すにも関わらず後回しなどにされては…。

 

そこで専門業者を勧めるわけですが、会社の大きさは関係ありません。

 

個人だろうが経験とスキル、あなたの事を考えて動いてくれる業者こそが選ぶべき専門業者となります。

 

頼りになる専門家一覧

 

また、任意売却を扱う会社には、専門業者ではないにしろ専門ののコンサルタント(専門家)として、相談を受けているところもあります。

 

実際にはそこに相談したうえで、実務は不動産会社を通じて行われます。

 

このシステムを面倒だと思いますか?話が遠回りするだけだと思われますか?

 

先ほども任意売却について説明したとおり、不動産以外の専門知識(民法・民事執行法・破産法)が必要となります。

 

さて、そこでそんな豊富な知識を併せ持つ不動産会社は果たしてあるのでしょうか?

 

あるとしても少ないでしょうね。

 

それに、もしあなたが抱えている問題が不動産売却だけにしても、他の借金があるにしても、一番重要なのはあなたが生活を見直し、再スタートが切れるかどうかです!

 

不動産会社はあなたの再スタートの事まで考えてくれているでしょうか?

 

また、生活についての相談に乗ってもらえるでしょうか?

 

この点についても答えは同様で、よほどの不動産会社に巡り合わなければ難しいのかと。


不動産会社だけが相談相手ではない!

例えば専門家集団と連携して任意売却のコンサルティングを行っているところなら、周りには弁護士や司法書士、税理士やファイナンシャルプランナーなど、生活に関わる専門家とも連携してサポートしてくれます。

 

「じゃあ、任意売却のコンサルティング会社の方がいいのね」と思われた方もいるでしょうが、中には専門家である専門業者(不動産会社)や弁護士、司法書士と連携している事をいいことに、そちらに仕事を流したら「はい、おしまい。あとはそちらで〜」なんていう会社もあるので注意が必要です。

 

任意売却の業者選びにおいて重要なのは、あなたが上手に再スタートを切るパートナーを見つけることですから、専門家集団と連携するだけでなく、コンサルティング業務を行うからには、きちんと最後まで管理してこそ本物だと言えます。

 

つまり、相談を受けて専門家に仕事を流したら「はい、おしまい」という事ではなく、専門家に引き継ぎした後も報告を受けるなど、最後まできちんと支援してくれるパートナーを見つけることが重要です。