このエントリーをはてなブックマークに追加  

一般の不動産査定との違い

決断したら不動産売買の仲介代理契約を結び、いくらで物件が売れるか査定をするわけですが、通常の不動産売却よりも売り主としては少しでも高く売ってローンを減らしたいという願望があるでしょう。

 

また、任意売却の物件も一般の不動産と同じ市場で売買される事になりますし、普通の街の不動産屋に査定してもらってもいいのでは?と思いますが、それはまた事情が異なります。

 

いくら一般の不動産と同じ土俵に立つ物件だからといっても、やはり任意売却物件には売買する過程において特殊な事情がありますね。

 

そういった意味でも任意売却を専門に扱える業者に査定してもらうことがポイントです。

 

 

更に、通常の不動産屋や任意売却の経験が足りない業者の査定に関しては、スピードが査定に影響してしまいます。
というのも、お客様の経済的な事情や競売の期限などの事情から、出来る限り短期間で売却しなければいけない必要性があります。

 

そうなると、通常の場合よりも査定を甘くして、売る事だけを優先した査定とするなど、実際に売れる金額との差が出てくる事があります。

 

また、任意売却業者はその査定を債権者に承諾してもらわなければならず、市場価格を基準に安過ぎず高過ぎずと、価格査定は決して単純なものではありません。

 

任意売却 専門家はこちら

専門的な経験が豊かな業者がお勧め

通常の査定でもそうですが、土地の面積や建物の使用状況、間取、方位、景観などの要素をふまえて査定されますが、ただ高い査定だけが売主にとって良いのかというと、そうではありません。

 

特に任意売却の場合には、実際に売り出して買い手がつかないと任意売却は成立しませんから、客観的に分析できて債権者との調整を図れる業者の査定が必要となります。

 

また、物件を査定するにあたり専門業者を利用するメリットとしては、住宅を売って手放すという選択肢だけでなく、リースバックという方法を使って手放した(所有権が移転)後にもその住宅に住み続ける方法も提案してくれる場合があります。

 

リースバックとは、第三者に売却してもらって賃貸借契約を結び住み続けるわけですが、その第三者となるのは投資家であったり業者であったりするのが一般的です。

 

そして、その第三者とのネットワークがあってこそ成立する方法であり、通常の不動産会社ではそのようなネットワークは持っていません。

 

そういった意味でも任意売却においての査定は、専門的な経験が豊かな業者でしてもらうのがお勧めです。

 

任意売却の専門に扱っている業者【ハウスドゥ】