このエントリーをはてなブックマークに追加  

日夜問わずの電話で追いつめられていませんか?

返済が滞るようになると、債権者からの連絡が激しくなりますが、貸したお金を回収する為ならどんな手段でどのような取立てを行ってもいいという事ではありません。

 

しかし、現実には昼も夜も関係なく、自宅にだけでなく職場にまで電話がかかってくることが多くあります。

 

更に電話に出れば、暴力的な口調や大声で怒鳴るなど、強迫となんら変わらないような行為を平気でしてくる事もあります。

 

そのため、お金を借りている債務者の方は委縮してしまい、大きなストレスとなって仕事も手に付かない、日常生活さえも怯えて過ごすようになってしまいます。

 

酷い場合には、家まで押し掛けてくる、病室にまで押し掛けてくる、友だちから借りてこいと指示されるなど、悪質行為が禁止されてもなおこのような取立てが行われている事実もあります。

 

現にそのような行為を受けている方もいるかもしれませんが、「弱者だから仕方ない」と泣き寝入りして悪質な行為に目をつぶっていてはいけません。

 

貸金業者や貸金業者から委託を受けたものに対しては、貸金業法上で「人を脅迫しまたはその私生活もしくは業務の平穏を害するような言動により借主(債務者)を困惑させてはならない」(貸金業法21条)と規定しており、これに違反した業者には懲役・罰金、行政処分などが設けられています。

 

もちろん脅迫だけでなく、実際に暴力や監禁などの刑法にふれるような行為があった場合には刑事処分が下されます。

 

ですから、悪質な取立てがあった場合には不法行為として警察に告訴・告発をして刑事処分を求めて下さい。

具体的にどんな取立てが悪質なのか?

貸金業法で規制はされているものの、「脅迫や私生活もしくは業務の平穏を害するような言動」とは具体的にどんなものがあたるのか?

 

「脅迫について」

 

暴力的な態度は脅迫となりますが、直接的な暴力でなくても暴力的な態度には含まれます。

 

例えば・・・

 

  • テーブルをドンドンと叩く
  • 物を壁に投げつける
  • 大声で怒鳴る
  • 乱暴な言葉をあびせる
  • 多人数で押し掛けてくる

 

などの行為は脅迫となります。

 

「私生活や業務の平穏を害するような言動について」

 

  • 何度も繰り返し電話やメールする行為
  • 正当な理由無く、午前8時以前、午後9時以降その他不適当な時間帯の電話や訪問
  • 貼り紙や落書き、その他みだりに債務者の債務状況を公表する行為
  • 債務者や保証人などの勤務先を訪問し、不利益となる言動する行為
  • 他の貸金業者からの借り入れを要求する
  • クレジットカードなどの使用を要求する
  • 債務者や保証人の居宅を訪問
  • 居宅を訪問して居座る
  • 債務者又は保証人以外の関係ない者への要求

 

上記のような行為が悪質な取立行為として該当しますが、黙って見過ごさずに司法書士事務所や弁護士事務所、警察・消費者相談センターなどの機関へ相談してください。

 

また、そのような悪質な取立てを受けた場合には、出来るだけの証拠を残しましょう。

 

証拠があれば、違法な取立行為を止めるだけでなく、損害賠償の請求ができる場合もあります。

 

頼りになる専門家 一覧