このエントリーをはてなブックマークに追加  

購入時に頭金は必要か否か?

住宅購入を考えたとき、頭金を用意するのかしないのか?が問題となります。

 

一般的な資金計画として、頭金は物件価格の25%くらいを目安に用意したほうがいいと言われています。

頭金があったほうがよい理由

もちろん頭金なしでもマンションや一戸建ては買えます。

 

ただし、結局は住宅を購入する際の借り入れを多く借りて、返済する事になるんです。

 

つまり、頭金があるのとないのとでは住宅を購入する際の借り入れを組む額が変わってきますね。
この住宅ローンの借入額はとても問題となります。
借入額が増えれば、それにともなって当初の諸費用、特にローンでお金を借りる際の保証料が大きくなります。
また、落とし穴となる点として、「毎月の返済額が今の家賃とは変わらない!」という甘い認識です。

 

購入後にはマンションなら固定資産税や管理費、修繕積立金などが必要となります。
一戸建ての場合にも固定資産税や将来かかる修繕費用を用意しておかなくてはいけません。

 

つまり、賃貸物件に住んでいるときには不要だった諸費用が発生するわけです。
これだけでも頭金はあったほうがいいと思えるのですが、更に頭金の必要性を説明していきます。

 

具体的に住宅購入価格を3000万円、返済期間を30年、金利を2.5%として、ボーナス払いの負担率を20%として考えてみましょう。

 

@頭金を貯めて住宅を購入する場合
・頭金500万円、ローン借入額2500万円
・毎月の返済額は8万円、ボーナス返済11万9000円
・総返済額は3559万円、ローン利息は1059万円となります。

 

A頭金0円、ローン借入額3000万円の場合
・頭金0円、ローン借入額3000万円
・毎月の返済額は9万5000円、ボーナス返済14万3000円
・総返済額は4271万円、ローン利息は1271万円となります。

 

つまり、借入の額が増えれば金利(利率)にも影響します。
30年後には212万円の差が出ます。

 

そこで、頭金が0円で購入を考えている方へのアドバイスです!
購入を2年後に延ばして頭金を100万円でも用意しておくといいでしょう。
頭金0円の時よりも42万円も総返済額に差がでます。

 

金利や借入期間によっては、もっと差が出る事になります。
最終的な総返済額を比較して、頭金を貯蓄したうえでの購入を考えることをオススメします。

 

頭金以外にも購入にあたっては貯めておきたい費用がある!

 

不動産購入時には、頭金以外にも住宅を購入する際の借り入れを組む際の費用や手続きに関わる諸費用なども必要となります。
では具体的な諸経費にはどんなものがあるのか?
・印紙税
・登録免許税
・登記費用
・融資手数料
・ローン保証料
・保険料(火災保険など)
・司法書士報酬

 

これらが主な諸経費となりますが、目安としては物権価格3000万円の約3〜7%とされています。
つまり、3000万円の3〜7%=90〜210万円くらいです。

 

頭金600万円を含めたうえで合計すると、700〜900万円くらいの準備が必要となります。

 

また、新居への引越し代や家具や照明器具など、生活するのに必要なものも費用として準備しておくほうがいいでしょう。
住宅を購入する際には、細かいところまで試算して資金計画を決めましょう。

 

任意売却 専門家はこちら