このエントリーをはてなブックマークに追加  

税金の差押えだけは避けるべき

住宅を購入する際の借り入れを滞納している状態であれば、中には税金などの公的機関への支払いを延滞されている方もいらっしゃるかと思います。

 

滞納した税金をそのままにしておけば国や市町村も黙って見過ごすことは出来ません.。

 

不動産や自動車などの動産を差押えることがあります。

 

また、それは国民健康保険料などの社会保険料も同じです。

 

よく「保険料なんて後回しだ」といって支払わずにいる方もいますが、これも同様に差押えの原因となります。

 

しかも税金等の延滞による差押えがされてしまうと、それを解除するのは抵当権以上に困難になります

 

ですから、税金等は優先すべき返済として住宅を購入する際の借り入れよりも他の借金よりも税金の支払いを優先させて下さい

 

 

差押えがされていなければ多少面倒ではありますが、専任した業者の交渉や話し合い(本人同伴の場合もある)、手助けによって任意売却は可能となるでしょう。

 

しかし、既に租税公課(以下「税」という)による差押えがされてしまった方については、先ほども述べましたが、相当な困難が予想されます。

 

では差押えがされている場合について、説明していきます。

 

税金等の延滞についても差押えとなる事はお話ししましたが、その延滞の状況を続けてしまい納税しなければ、その差押さえされた物件は税金という債権を保全するために最終的には公売されて換価されます。

 

因みに公売とは、国税を滞納したことにより、国税局や税務署などの公の機関が規定に基づいて、差し押さえている不動産等を一般に公開して入札等の方法により売却する制度であり、基本的には裁判所の競売とかわりありません

 

とはいっても、よほどの事がない限り公売まで行かないのも実情であります。

 

しかし楽観視はできず、厄介なのが一度差押えがされてしまえば、延滞金を含む税の全額が納付されるまでは解除されないということです。

 

つまり、差押えがされている限りは、いくら抵当権が外れても任意売却はできないというわけです。

 

また、税の差押えは不動産や車などだけではなく、給料・預金・生命保険の返戻金までも対象となります。

 

任意売却 専門家はこちら

抵当権や質権などの担保権と差押えの優先順位は?

厄介な税の差押えについて説明しましたが、ではどんな場合にも税の差押えが優先するのか?

 

抵当権などの担保物件についての優先関係は登記の受付順が基準となりますが、税については「法定納期限」が基準となります。

 

ここでは法定納期限についての説明は省きますが、皆さんの手元に届く税金等の支払い書(請求書)には「法定納期限」の記載がされているかと思います。
 
この法定納期限のあとに差押えの登記がされたとしても、税については登記の受付日に関係なくその法定納期限が基準となり優先されます。

 

例)優先順位について

 

@税の法定納期限 平成25年3月31日

 

A債権者による抵当権登記日 平成25年4月15日

 

B税の差押登記日 平成25年7月30日

 

この場合にはBの税の差押えの登記はAの抵当権登記日よりも後ですが、税の@法定納期限はそれより前になり、抵当権より優先することになるのです(国税徴収法第16条、地方税法第14条の10)。

 

このように税は一般債権より優先されていますが、一方で一般債権に対して調整を図るための規定をもうけています。

 

「差し押えることができる財産の価額がその差押えに係る滞納処分費及び徴収すべき国税に先だつ他の国税、地方税その他の債権の金額の合計額をこえる見込がないときは、その財産は、差し押えることができない」と定め調整を図っています(同法第48条第2項)。

 

これが「無益な差押えの禁止」といわれるもので、「回収の見込みのないような税債権の差押はしてはならない」ということで一般債権に配慮しています。

 

しかし、実際には「無益な差押え」のように見えるケースでも差し押さえを解除してくれない事が多くあります。

 

さらに、「差押財産の価額がその差押に係る滞納処分費及び差押えに係る国税に先だつ他の国税、地方税その他の債権の合計額をこえる見込みがなくなったときは、差押を解除しなければなれない」とも規定しており、無益な差押えだと判断されれば解除がされるということです(国税徴収法第79条第1項第2号)。

 

ただし、この判断は税務署長等の裁量で決まり無益な差押えだと立証するための資料を提出しなくてはいけません。

 

これは決して簡単な事ではありませんので、任意売却が難しくなる原因にもなります。

 

このように差押えの解除には困難が伴いますので、まだ税金の滞納により差押えを受けていないようであれば、税金こそ最優先すべきということを覚えておいて下さい。