このエントリーをはてなブックマークに追加  

もう1円も住宅ローンが払えない!督促状がきたら?

ついに督促状が来てしまったら、「今後どうしたらいいの…」、今まさにそのような状況で先の見えない只中にあるかと思います。

 

まさかこんな事になるとは…」そんな心境にもなるでしょう。

 

まずこの先あなたがそのまま住宅を購入する際の借り入れを支払えなかった場合、どうなるか?が気になるところかと思いますが、督促状が届いたという事は住宅を購入する際の借り入れの滞納が1〜2ヶ月程度の状況かと思います

 

自分では「まずい」とわかっていても、実際にローンを組んだ銀行や会社からの電話や督促状がくると一気にその焦りは大きくなります。

 

さらに滞納している状態で今後の支払いも危うい状態など、返す当てのない状態なら尚更ですし、電話や督促状を無視したくもなるでしょう。

 

けれどいくら電話や督促状を無視したからと言って、あなたの状況は何一つ改善されませんし、解決には至らないどころか、そのまま無視していればもっとストレスが大きくなる状況になってしまいます。

 

 

さて、住宅を購入する際の借り入れを滞納した場合に起こり得る事をこれから説明していきますが、あなたの気持ちと行動次第では、やり直せるという事をお伝えしておきます

 

まず、滞納1〜2ヶ月程度の状況であれば、融資した銀行やローン会社は電話や督促状という形で支払いを請求するに留まります。

 

しかし、何の音沙汰もなく支払いも滞った状態が続くようならば、滞納3ヵ月を過ぎたころには「期限の利益の喪失」という内容の書面及び最終通告が届くことになります。

 

これは、簡単に言えば
あなたが住宅を購入する際の借り入れ契約に基づいた返済をしないのであれば、その契約は無効にして、分割ではなく残りの借り入れを一気に全部支払ってください
という意味です。

 

更に、その書面にも記載されている場合もありますが、一括請求に応じ無いようであれば、「住宅を購入する際の借り入れを組んだ時に付けた抵当権を実行して、あなたの住宅を売却して残りの住宅を購入する際の借り入れの返済に当てます」という事を通告する書面が届きます。

代位弁済後の督促

それでも請求に応じず4〜6ヵ月分の滞納となれば、銀行などは保障会社へ代位弁済をして、その旨の通知が届きます。

 

因みに代位弁済とは、例えばあなたがA銀行で住宅を購入する際の借り入れを組んだとします。
その際にあなたが返済をできなくなった場合を想定して、銀行などは保証会社に保証人になってもらっています。

 

そこで、A銀行は回収の見込みがないと見切りをつけたときには、代位弁済を使ってB保証会社にあなたの住宅を購入する際の借り入れ債務を代わりに返済してもらうわけです。

 

つまり、これまでの返済相手(債権者)はA銀行でしたが、代位弁済によってこれからはあなたの返済相手(債権者)は保障会社となります。

 

今後、新たな債権者となったのは保障会社ですから、あなたに対して金銭の支払いを請求したり、抵当権等の担保権を実行することができるようになります

 

そして、滞納が6ヵ月を過ぎたころになると、債権者によっては任意売却の提案がされる事もありますが、その提案を受け入れない、そのまま無視していれば競売の申立てがなされます。

 

これが一連の流れとなりますが、督促状が届いた時点ではよほどの事情がない限り、まだやり直せるという事を説明していきます。

 

【一覧はこちら】任意売却のことなら専門家へ

 

なお、返済が出来ない原因としてどんな理由であれ収入がなくなった(病気やリストラなど)場合には、自分の力だけではそのまま住宅ローンを支払っていくのは難しいいかと思われます。

 

そういった場合には、やはり任意売却などの選択肢を用意する必要がありますが、減給やボーナスカットによる収入減が原因であれば、返済計画の見直しなどによってやり直す事もできるでしょう。

 

どちらにしても、督促状が届いた時点でまず行うことは、電話や郵便を無視せずに今の自分の状況を銀行などローン会社に伝えることです

 

「でも返済の当てがないし…」そんな事は相手側もわかっています。

 

とにかく返済できるできないに関わらず、速やかに金融機関に相談して下さい。

 

あなたの支払いの意志や誠意、誠実さが明確であれば、金利の見直しや月々の返済額の見直し、今の状況を変える相談に応じてもらえる可能性は十分にあります。

 

また、どうしても不安であれば、金融機関に相談しに行く前に専門家に相談して、対応などについてアドバイスを受けておくというのも一つでしょう。