このエントリーをはてなブックマークに追加  

住宅ローン返済に困ったときの解決策

住宅を購入する際の借り入れの支払いが行き詰まり、返す目途が立たなくなった時に考えられる一つの解決策です。

 

具体的には、現在住宅を購入する際の借り入れを支払っている自宅など不動産は、現時点ではあなたの所有権となっていますね。
自宅の所有権を手放して売却して、売ったお金で返済をするという方法です。

 

ローンを組んだ金融機関からしても、支払ってもらえる可能性がない場合には、売却してもらって返済してくれた方が、不足するにしても確実に回収できる事になります。

 

さて、住宅を購入する際の借り入れについて少し説明しますが、多くの方は住宅など不動産を購入する際にローンを利用するかと思います。
その際にお金を貸す金融機関などは、返してもらえるかどうかも分からないお金をただ貸すなんてことはしません。

 

住宅ローンを利用している方ならご存知かと思いますが、お金を貸す代わりに購入した不動産に担保という形で抵当権を設定して預かることになります。

 

もちろん所有権は購入者である方に属しますが、もし約束したとおりの返済が行われなかった場合には、担保として預かっている不動産につけた抵当権という権利を行使します。
それによって残りの住宅を購入する際の借り入れ(返済分)を回収できるようにしています。

 

つまり、返済が約束(契約)どおりにされず、融資した側で回収の見込みがないと判断した時には、所有者の意思に関わらず抵当権によって不動産を売却することができるのです。

2つの方法で自宅を処分する

では、そうなった場合の不動産を売る方法ですが、2つあります。
1つが任意売却で、もう1つは競売になります。

 

滞納してしまった人からしたら、どうせ売却して手放すことになるならどちらでもいい?と思われる方もいらっしゃいますが、その後の生活を考えるのであれば競売よりも任意売却が良いでしょう。

 

というのも、一般的に競売よりも任意売却のほうが高く売れるという利点があり、任意売却物件だろうと他の不動産と同じ市場で売買されることになります。

 

一方競売に関しては、裁判所が扱う競売物件となるので、あまり一般の方の目には触れません。
近年では個人投資などの参入も増えて競争率があがり、場合によっては競売の方が高値で売れる事もありますが、多くは任意売却のほうが取引されやすい環境でもあるため競売よりも高値で売れることになります。

 

このように価格差が出てしまうので、どちらでもいいという事にはなりません。
債権者である金融機関も、1円でも多く回収したいと思っていますから、任意売却という売却方法が一番最初に考えられます。

 

任意売却 専門家はこちら

 

また、住宅を購入する際の借り入れが返せなくなってしまった方にとってもこの価格差は重要だと思います。
不動産を売っても売却価格が残りの住宅を購入する際の借り入れ全額に達するとは限りません。

 

ローンが残るようなら返済していかなければならず、家はなくなっても、その家の住宅を購入する際の借り入れは支払いつづける、という状況となります。

 

仕方なく大切な不動産を手放したのですから、1円でも返済が減ってほしいと思うのが普通ではないでしょうか!?

 

債権者はいつまでも待ってはくれません。
嫌でもどちらかの選択を迫られることになります。

 

よほどの事情や条件がない一般的な不動産であれば、任意売却という売却方法で解決を図ることがよいでしょう。