このエントリーをはてなブックマークに追加  

住宅ローンの滞納の先とは!

住宅(不動産)を購入する際には、住宅を購入する際の借り入れをまさか滞納してしまう事になるなんて思いもしないでしょう。

 

ですから滞納した場合にどうなるかを知らない人がほとんどです。

 

そこで滞納が始まった場合に起こる、滞納を続けた場合に起こる一般的な流れを説明します。

 

滞納1ヶ月目

金融機関から支払いの催促の書面が届きます。
督促状という催促の手紙であり、これは住宅を購入する際の借り入れ以外でも支払いがされない場合には送られてくる手紙です。目にした事もあるかもしれませんね。

 

滞納2ヶ月目

1ヶ月目と同様に督促状が届き支払いを請求されます。電話などによる催促もあるでしょう。

 

滞納3ヶ月目

期限の利益の喪失という内容の書面及び最終通告が届きます。

 

この内容については、
・分割での契約は無効となりますので、残りの借り入れを一気に全部支払ってください
・残りの全部を一気に支払えないようなら、抵当権を実行してあなたの住宅を売却します
・売却資金は残りの借り入れの返済に充てます
という内容になります。

 

滞納4〜6ヶ月

保障会社へ代位弁済しましたという内容の通知が届きます。
代位弁済とは、あなたの債務を違う人が変わって返済する事です。
つまり、保証会社があなたの代わりに銀行などに返済をしたという事であり、あなたにとっては保証会社が新たな債権者となります。

 

−1滞納4〜6ヶ月以降

代位弁済後も返済がされない場合には、任意売却の提案がされます。
これを無視すれば債権者は競売(法的手続き)の申立てを行います。
なお、任意での売却の提案をされず、いきなり競売の申立てをされる事もあります。

 

−2滞納4〜6ヵ月以降

裁判所から競売申立て通知が届く。
競売の手続きを進める旨の通知です。この手続きは競売を申立てた債権者によってのみ取り下げが可能となります。

 

滞納から12ヶ月頃

競売になった場合にはこの頃に入札となり、新たな所有者が決まり立ち退きを命じられることになります。

 

これが滞納を続けた場合の一般的な流れとなりますが、滞納4〜6ヶ月になった場合で
自分さえ行動を起こせば何かしらの解決が模索できます。
競売を申立てられてしまうと、時間との勝負となり難しい状況となります。

 

 

住宅を購入する際の借り入れの滞納では、自宅を残せる場合でも売却せざるを得なくなった場合でも、ご自分で行動した結果によってその後の生活が変わります。

 

競売になって立ち退きを命じられるまで何もしないのではなく、今すぐにでも専門家に相談しに行くべきだと思います。

 

任意売却 専門家はこちら